2019年11月18日

スコットランドの監督は、日本を理解しない。

ワールドカップラグビーの日本・スコットランド戦を前にして、スコットランドの監督(ヘッドコーチ)は、台風によって試合中止になれば法的措置も辞さないと発言し、物議をかもした。

この発言に対して、オールブラックスの監督は、

・ラグビーなど小さな出来事に過ぎない。世の中には、もっと重要なことがある。

と諭した。
つまりは、

・スポーツは娯楽に過ぎない。観客の安全が最重要である。

と。

結果、「協会の指示に反抗した」ことで、スコットランド監督は制裁を受けた。

だが、ことの本質は違う。と、私は思う。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0