2019年10月19日

南アフリカ戦を前に、日本ラグビーの本質。

決勝トーナメント・準々決勝を前に、今回のできごとの「本質」をまとめておく。


「もう奇跡とはいわせない」とは、NHKの実況アナのセリフだが、2015年の南アフリカ戦は、油断していた相手を「土俵際のうっちゃり」で番狂わせを起こした感じ。

だが、今回のアイルランド戦、スコットランド戦は、ともに「危なげない勝ち方」「普通に勝った」である。

つまりは、試合の最初から最後まで、「スクラムで劣勢になる」ことがなかった。

陸上競技・徒競走では「スタート」が重要である。どんなに「快速の持ち主」でも、「気持ちの良いスタート」が切れなければ、実力は発揮できない。「スクラムで劣勢になる」とは、バックス陣が「じりじりと後退」しなければならないので、「快速の持ち主」が実力を発揮できない。

FW第3列や、ハーフ、センターも同じ。「じりじりと後退」していると、「怪力の持ち主」でも実力が削がれる。


そして、本場ニュージーランドのスタッフたちが、目を見張る「戦略」。

日本代表とアイルランドの試合を見て、「あのように戦っていれば、負けなかった」と悔やんだとか。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0