2019年10月02日

江戸時代の長屋住まいは、貧乏だからではない。

というのは、江戸は大火事が多かったので、家財一式を失うことの時を考えて、「簡素な居住まい」をしたのだろう。

つまり、財産があるなら「(防火対策が万全な)蔵」を造ればよいが、資産家でなければ、「燃え去ること」を前提にした暮らしをすべきである。


さて、千葉県の災害。

悲惨なのは、接するゴルフ練習場の鉄塔が倒れてきて、屋根が破壊された住宅の主たち。

屋根が致命的な損傷を受けているなら、全損扱いになるものと思っていたが、無料で鉄塔を除去するという解体業者の「解体作業による破損の拡大」について補償しないとの要求に異議を感じているというから、全損ではないのだろう。

屋根が壊れ、水浸しになったら、住んでいる人にとっては、全損に等しいのだろうが、火災と異なり、あくまでも、「屋根の破損だけ」となるのかせしれない。

損害保険による補償がなけれは、生涯賃金を予測して、住宅ローンを組んでいるなら、今回の災害で、「住民のライフプラン」は崩壊するに違いない。

給与生活者なら、「一攫千金の夢」を見ることもできないから、「一発アウト」。

仕事帰りに公園の脇にレンジローバーを駐車して、カーセックスをしていた俳優氏は、細君から「アウト」と、大晦日のお笑い番組のように叫ばれたというが、彼は、そのことで、世間から注目され、仕事が増えたのかも。
続きを読む
posted by sponta at 10:06| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オールブラックスの「ハカ」と、戦国時代・日本の「名乗り」。


【要旨】

戦いは神聖なもの(勝敗は天命)。ならば、正々堂々。自らすすんで自己紹介する。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0