2019年09月30日

サッカーとラグビーの違い。

つか、スポーツの「本来あるべき姿」。というか、「人と人のコミュニケーション」の本来あるべき姿がある。
ラグビーワールドカップで特徴的だったのは、野球やサッカーなどとの違い。

まず、

・審判が試合中に、「これを次にやると、反則をとりますよ」と選手に指導する。

・審判が試合中に、選手たちに「(指導にしたがってくれて)ありがとう」と言ったり、「(自分の過失を認めて)ごめんなさい」と言う。

試合後、

・敗者は、勝者に「おめでとう」と発言する。(ノーサイドの精神)

・・・等々。


激しいポディーコンタクトがあるから、瞬間的に険悪なムードになるが、それも「(戦うもの同士の)お互いのリスペクト」によって瞬く間に解消する。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0