2019年09月18日

韓国の革新政権(文大統領政権)に思う。

・保守は「現状にしがみつく醜悪な人たち」

・革新は「進取の精神に富むカッコいい人たち」

との印象を持つ人は多いに違いない。

だが、現在の状態とは「(諸事情が積み重なった結果の)平衡状態」であって、一刀両断に否定すべきではない。

「革新」といえば聞こえは良いが、実効的かどうかは「ヤってみなければ、分からない」もの。

「改革」といっても、それが「改良」なのか「改悪」なのか真相は分からない。

私たちは、「小さい政府」のために「小泉有性改革」を支持したが、現実に起きたのは「外資による日本最大の金融商品を買収を可能にしたこと」だった。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0