2019年07月31日

京都アニメーション・狂想曲


spontaには弔意はある。批判はしない。
ただ、こんな情報を発信する人たちが後を絶たない。

(以下は、J-cast ニュースの記事より)

続きを読む

2019年07月30日

NETFLIXに資料を送る。


日本社会は、外資によってしか動かない。

当然のことながら、無名の私が資料を送っても、フジテレビのVIPの方々からは、何の反応もない。

つーことで、ネットフリックスに宛てて、資料を送付した。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

京都アニメーションを追悼する。


こんな記事が、5ちゃんねるにあった。


1ひかり ★2019/07/19(金) 01:53:58.05ID:vQI49KXz9>>19>>92

西川貴教@TMR15

居ても立っても居られなず、このような場所で発言をしたことで、不快な想いをさせてしまい申し訳ありませんでした。今は犠牲になられた方々、
ご家族の皆様、関係者の皆様のお気持ちを鑑み、一連のツイートを削除させて頂こうと思います。今は必要として頂ける時に、いつでも動けるよう静かに
待ちます。


---削除されたツイート------------------------

西川貴教@TMR15

誠に勝手ではございますが、京都アニメーションさんには、いちファン個人としては勿論ですが「けいおん!」「中二病でも恋がしたい!」など聖地巡礼で滋賀の観光に多大な貢献を頂いてきたので、
なんとか僕で出来ることがないか考えていきたいと思います。何かご意見などあれば、是非お願いします。


最初に断ってありますが、これに関しては被害にあわれた方がいらっしゃったり、混乱されてる状況だと思いますので、関係各位に問い合わせ等は絶対にお辞め下さい。あくまで個人レベルで何かさせて頂きたい
意思を伝えさせて頂いたまでです。不快な想いをされた方がいらしたら、申し訳ございません。


 西川貴教@TMR15

クラウドファンディングは、先ずもって公明性もあり僕が一円もお金に触りたくないのと、不謹慎にもこういった出来事を利用して悪質な振り込み詐欺などを誘発してしまう恐れがあるので、あまり積極的では
 ありません。被害にあわれた方、またそのご家族や関係者の皆様に真っ直ぐに届くこと考えたいです。


 ※前スレ

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


善意と偽善の問題ではなく、より具体的に「災害募金を装った詐欺」を懸念しての処置だと思われる。

東日本大震災の時、とある寺院の追悼式典に参加したことがあるが、一万円札が何枚も無造作に献金されていたのを覚えている。寺院での献金は、募金ではなく施餓鬼(自分の先祖だけ供養していると、餓鬼が嫉妬していじわるをする。それをさけるために、餓鬼のために施す)。「情けは人の為ならず」。大金が動くなら、それを狙う詐欺集団が現れるのも当然である。


阪神大震災、東日本大震災など、さまざまな災害が発生してきたが、私は一度も現地を訪れたことがない。
貧乏とは、そういうことだと思う。

大衆と向き合うような人たちには、施餓鬼が必要であり、さまざまなことをすべきだと思うが、餓鬼に嫉妬され、意地悪をされるような人生ではないので、仕方がない。
(-_-;)

続きを読む

2019年07月28日

大船渡高校野球部監督のアンシャンレジーム(古臭さ)。

5ちゃんねるにコメントしたが、長文だったので、アップされたのは、四角で囲んだ後半部分のみ。

国安監督は、「普段は生徒たちが話し合って決めるが、今回は、ナインに心の傷を残してはいけない」と、自ら決断と胸を張っているというが、これが間違い。筑波大学出身だというから、アカデミストの「近代主観主義」に陥っている。


「監督が決断して、佐々木投手の決勝戦欠場を決める」というのは、主観主義。悪く言えば、印象批評。

大船渡高校の監督が行うべきだったのは、ポストモダンなやり方。つまりは「形式批評」。


やるべきだったのは、

・1試合には100球までしか投げない。

・日にちを続けて投球しない。

のように、

「評価基準」を決断・決定して、それをチームメイトたちに、「妥当性を吟味させる」こと。

「チームメイトたちが納得」していれば、「チーム全員で、できる限りのことをして、負けた」となる。

今の状況は、「佐々木投手の将来 vs. 甲子園出場」を監督が秤にかけて、「監督の主観(思い込みの可能性は捨てきれない」」を果たしたに過ぎない。

・前日に200球近く投げた。

・直球の速度に比例して、怪我の可能性は高くなる。

・前々日に、佐々木投手は肘の裏の違和感を訴えていた。

これらを総合した「論理的な結論」だとしても、チームメイトたちを「カヤの外」に置いたのは、「教育者」としてイタダケナイ。

続きを読む

2019年07月27日

モダニズムにより「歪められた世界」。ルネ・ブレイの未翻訳、スタニスラフスキーの誤訳。

「フランスにおける古典主義理論の形成」というフランスの演劇理論家・ルネ・ブレイの著作が日本語に訳されていない。

その理由は、映画&ドラマの「形式批評」を実現するからである。

ルネ・ブレイの17世紀フランス古典演劇理論の概要は以下。

1、〈自然のミーメーシス(模倣・再現)〉
※ 自然とは、この世界。本質・存在を表現することをめざす。

2、〈古代人のミーメーシス〉。古代人の芸術作品のさらにインパクトを強めたミーメーシス(模倣・再現)である。

3、求められるのは、〈本当らしさ〉。

4、〈適合性〉・内的適合性(登場人物の性格と行動の整合性)
       ・外的適合性(観客にとって登場人物に違和感がない)

5、〈驚異的なもの〉。観客を驚かせる。

6、3つの〈単一統一性〉。本来、筋・時・場所についてだが、〈筋の単一統一性〉のみを重要とする。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

正論は一つではない。


と、MXテレビ「5時に夢中」の女子アナ大橋未歩嬢が発言していた。

最近は、彼女の「サディスティックなふかわイジリ」と、ふかわ氏の応酬が絶妙でおもしろい。


先日は、「元TBSの女子アナの宇垣嬢が、スタッフ会議で激怒して、台本を投げつけた」とのエピソードに対して、

・彼女は「正論はひとつ」だと思っている。

と、感想を述べた。

その通り。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

人工知能の進化の系譜を読み取る。


1950年代〜、第一次人工知能のブームが起きた。その理由は、コンピューターの登場である。


1980年代〜、第二次人工知能のブームが起きた。エキスパートシステムである。

医療や法律などの専門分野の知識を取り込んで、現実の複雑な問題をAI(人工知能)に専門家と同じように解かせることを試みたシステム。日本では、政府による「第五世代コンピュータ」と名付けられたプロジェクトが推進され、多額の税金が投入されました。


しかし、このエキスパートシステムはルールをため込んで判断を行うことで問題を解決していくものですが、これを実現するにはあらゆる分野の有識者からその知識をヒアリングして、コンピュータに教え込まないとならないため多大の時間とコストが掛かることに。また、多くのルールをコンピュータに教えている間に矛盾するルールも出てきてしまい、例外的な事例が出てきてしまうとコンピュータには対処ができない事態になってしまいました


そして、2010年代以降の第三次人工知能のブーム。

IoTとセンサーによって情報やデータを瞬時に集めることができるようになり、それらをビッグデータとして活用し、クラウドによってそのビッグデータを共有することが可能となりました。これらのIoT、ビッグデータ、クラウドによって現代のAI(人工知能)は支えられているので強固なものへと変貌を遂げています。
さらに、ディープラーニングを可能したのがニューラルネットワークという技術。
ニューラルネットワークとは、人間の脳の仕組みのことで、ニューロンという無数の神経細胞が信号化された情報をやり取りしているので脳が情報を認識でるというもの。AI(人工知能)にニューラルネットワークを模した仕組みを導入したことで、ディープラーニングという学び方を手に入れ、正確な判断能力を獲得できたのです。
(引用元は、前項と同じ)

要約すると以下になる。

第1次AIブーム:コンピューターの登場。

第2次AIブーム:技術者によるプログラムの作成。

第3次AIブーム:コンピューターによる自主学習。(機械学習・ディープラーニング)

とはいえ、これで理解したことになるのだろうか。つか、文学的な表現のような気がする。機械学習と言っても、「これを勉強しなさい」と「人間に強いられた」学習であり、間接的には「人間に強いられた学習(計算)」でしかない。
続きを読む

2019年07月24日

吉本騒動の本質を、5ちゃんねるから・・・。

23名無しさん@恐縮です2019/07/24(水) 04:06:22.19ID:FyVlGkzm0>>46

「松本、動きます」
 松本の頭の中では、後輩思いのまっちゃんカッケー、社長にモノ言える自分の権力アピール、さんまさんより行動力あるアピール、でまた好感度アップや

 ところが松本が大崎岡本執行部体制側の人間であることを知ってる後輩芸人たちからは
松本が自分に都合のいい松本体制を守るための保身の行動だと見透かされていて
宮迫が最後に泣きついたのは大崎松本王国体制側と距離をとる明石家さんまだし
加藤や友近やタカやハリセンボンなどは松本の息のかかったスタッフで固められた現吉本取締役陣のいびつな組織構造に異議を唱え始め
計らずも松本が裸の王様だったことが今回の件の後輩芸人の行動で露見し松本王国で有頂天になっていた松本一派の終焉が近づいてることがハッキリしてしまった

松本はそんなマウントとることと保身だけの裸の王様だから既に多くの後輩芸人が松本王国にNOを突きつけていることすら感じとることもできず
「おれたちは生まれつきおもろい」と意味不明なツイートをして後輩芸人からドン引きされていることすら理解していない
 まさに松本王国より先に松本の終焉を世間に晒した瞬間でもあった

 すでに後輩芸人だけでなくコメディーNo1の前田五郎は、大崎が自分達のマネージャー時代にヤクザの仕事を持ってきて自分達はヤクザの仕事をやらされた  と爆弾発言を宮迫田村亮の会見日にしている

岡本が昔からヤクザ的な態度で芸人に接していたことも暴露している

政府とつながり税金を使って教育の道に踏み出している吉本のトップがヤクザの仕事をとってきて芸人にやらせていたとか笑い話にならない

 コンプライアンス以前の問題である

 こんな大崎岡本体制を守ろうとする松本と後輩芸人のために辞める覚悟で行動を起こした加藤とではその中身は全く真逆であり
保身、恫喝、嘘、隠蔽、パワハラ、私物化、が明るみになった大崎松本岡本体制をこれからも続けようとするなら
吉本は近いうち世間から相手にされなくなり崩壊するだろう

 これまでの大崎と松本と岡本のおごり高ぶった態度にどれだけ多くの後輩芸人やスタッフが我慢してきたか

 そんな傲慢で歪な松本王国が今後も存続できるほど世間は甘くないと思う

大崎や松本や岡本は、世間の目を舐めないでほしい


ま、「裏を取ることはできない」し、「反対勢力が作ったねつ造記事」の可能性も否定できないが、そんなことだと思う。

posted by sponta at 05:35| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

「万引き家族」につき、5ちゃんねるに書き込み。



>>31  (是枝作品と河瀬作品は最後まで見れないとの発言)

私も同意見です。

理由は、「淡々とした日常」を「淡々と描いている」から。

この作品の欠点は、少年の骨折により、観客にとって、すべてが明白になってからでないと、「カタルシス(劇的な緊迫)」を感じないこと。

「万引きをする一家」「DVされる幼女を引き取る一家」は、そこに「カタルシス」はない。「DVされている幼女を引き取る」のは納得するし、それがドラマではない。

この作品がパルムドールを得たのは「(血縁で結ばれている)家族」よりも、「偽家族」のほうが愛情に溢れているという「逆説」。

今村昌平監督は、カンヌを2度受賞しているが、「楢山節考」は、姨捨というアンチヒューマニズム。「うなぎ」は、自分の気持ちに素直に従う人間が「殺人者」になるという皮肉。この作品のテーマは、いかにもカンヌ好みといえます。


さらに詳しく知りたければ、spontaの「映画・ドラマの評価基準」について、ご覧ください。


最近、フジテレビのお偉いさんに「評価基準」の営業資料を郵送しました。
委細は以下。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 🌁| Comment(5) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

パスタをゆでる時の塩は、何のため?

この間の日曜日、娘が、バジリコソースの瓶詰をつかって、リングイネのバジリコソース、アボガド入りを作ってくれた。

リングイネとは、うどんに対するきし麺のようなものであり、平べったい乾麺である。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

TBS日曜ドラマ「ノーサイドゲーム」の分析。


第一回、第二回と観た。

感想というか、形容をすると、「桃太郎」である。

第一回は、説明セリフ、説明シーンに終始した。
つまりは、桃太郎における

・昔々、おじいさんとおばあさんがいました。お爺さんは「山に柴刈りに」、お婆さんは「川に洗濯に」。

ここに、ドラマはない。設定の説明だけ。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

久米宏さんのラジオに投稿した。


先日のNHK「あさいち」へのご出演を楽しく拝見しました。

NHKは国営放送をやめて、民間放送になるべきとの久米さんの意見に、

NHKの女子アナの近江友里恵さんが「NHKは国営放送ではなく、公共放送」と主張しながら、タジタジになるところ。おもしろかったです。

そして、刑事コロンボが一番大切なことを最後に付け加えるがごとく、「ザ・ベストテンで林檎殺人事件をナンバーワンと紹介した同 じ時期に、北朝鮮による拉致事件が実行されていたこと」が慚愧に耐えないとのこと。

私はブログ活動を続けてきましたが、パソコン通信でオウム真理教が問題を起こした時、きちんと対応していれば、サリン事件は起きなかったのではないかと後悔しています。

今後とも、ラジオ&テレビでのご活躍を期待しています。

スポンタ中村
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

川崎のスクールバス襲撃事件に花束なし。(本当の弔意を思う)


死者2名が出た(犯人を含めれば3名)複数刺殺事件が起きてから数週間が経っている。

私は近くを通りかかることを日常にしているが、最近では、花束も供物な一切ない。事故現場はそんな風景。

ダイアナ妃が亡くなった時、関連個所の山積みになった花束を覚えているが、あの山は、どれくらいの期間が経って、無くなったのだろうか。ダイアナ妃の場合は、PTSDを起こすようなものではないから、花束があってもいい。

だが、自然災害も含めて、PTSDを起こすような事件・災害の場合は、どうなのだろうか・・・。

当該小学生たちのPTSDを解消するために、保護者・関係者たちが「(事件の)跡形を消す」ために、お供え物を片付けているに違いない。

そのことに、spontaは深く同意する。
続きを読む

2019年07月18日

1964年、東京オリンピックの聖火ランナーを見ている私。

保育園で、白い紙に赤いクレヨンで大きな丸を描き、それを割り箸に張り付けて、近くの街道まで、歩いて行った。

それが、当時5歳の東京オリンピックの記憶である。

競技場に行った記憶もないし、国立競技場の空に描いた五輪マークの飛行機雲も見ていない。

つうことは、当時、我が家にはテレビはなかったのだろう。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | リアルウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

TOKIO 長瀬君の「かっこいい」発言。


コンピューターの原型をつくったアラン・チューリングは、同性愛で投獄され、失意の中で早世した。 (当時のイギリスでは同性愛は違法。違法ではなくなった近年、彼の名誉回復が行われ、第二次世界大戦の暗号解読で主導的な役割を果たした愛国者であると称賛されている。その経緯は映画「エニグマ」に詳しい。)

ロシアの作曲家・チャイコフスキーも同性愛者であることを悩んでいる。

日本で同性愛であることを公開したのは、小説家の折口信夫ぐらいだろうか。つか、日本には「御稚児さん」という少年愛の伝統がある。天下の織田信長の場合は、その名も語り継がれている。

私は、エコールドパリを彩った唯一の日本人画家・藤田嗣治が、性的少数派であると、指摘している。

それは、彼の一生を描いたノンフィクション小説の終わりに、フランスの彼の居室に、市松人形にレジオンドヌール勲章が飾られたことに起因する。ノンフィクション作家は、「藤田嗣治は、同性愛者」と記すことで、遺族から「名誉毀損で訴えられる」ことを恐れたのだろうか。
藤田の父親は、陸軍軍医で森鴎外の後輩というエリート。息子である嗣治は、「父の栄誉を汚さない」ために洋行したのは当然のことであり、画家たちの間で人気だったモデル・キキと一時期同棲していたのも、彼が同性愛者だったために、彼女が気を許したからに違いない。

パリつながりで言うと、生前の 太地喜和子嬢は、競演の平幹二朗氏と演出家のNY氏が、手をつないで街を歩いていたので、呆れたという。
平氏もNY氏も妻帯者であり、子もいるからバイセクシュアルということになる。

今は亡きミュージカル劇団の演出家AK氏もバイセクシュアルである。
どちらにしても、彼らは「公表していない」。

そして、今回の美男系タレント事務所の社長である舞台演出家のJK氏である。

彼は、「光GENJIでデビューさせる」との約束を破ったことで恨みを買い元所属タレントから暴露本を出版されている。同著によれば、元少年は口淫、鶏姦されたという。かつて存在した合宿所が「その場」となった。電気は消されていたが、行為は個室で行われたのではない。それがメジャーデビューするための通過儀礼との風評である。

昔、桐朋学園演劇科の卒業生(大竹しのぶ嬢の同期生)に聞いたことがあるが、(JK氏に匹敵する有名人である)商業ミュージカル劇団AK氏の劇団でも同様で、通過儀礼を経ないと主役には抜擢されぬ。卒業生たちがミュージカル劇団「音楽座」を立ち上げたのは、そんな事情があったのだろう。

そのように「権力を持った人」がハーレムを形成するのは、「きわめて自然」なこと。私は、JK氏を告発しようとは思わない。
つか、「性的な少数派であること」が、こと舞台演出家にとって「きわめて重要な要素である」と世に知らしめることが、要らぬ誤解を生まずに済むと考える。
続きを読む

2019年07月16日

親子の系譜。

私は、今世紀に入ってから、両親と会っていない。つか、「お前と会うと、幼いころにお前にしたDVがフラッシュバックするから、来ないで欲しい。連絡も要らない」とのファックスを受けた。

当人たちが言うのだから真実だろう。親孝行な私は、素直に従い、長野の両親と断絶した。

数年たって、内容証明の封筒が送られてきたが、突き返した。何が書いてあったのかは分からないが、「内容証明で何かを送る」など、もはや「家族ではない」。

続きを読む

2019年07月15日

図説・映画&ドラマの評価法。


先日、フジテレビのお偉いさん(会長・社長・専務・常務など10名ほど)に、「映画&ドラマの評価法」のご提案の資料を郵送した。

当然のごとく、反応はない。そこで、同封したパワポをウェブに公開し、当事者の方々への影響を期待する。

ホリエモンが大騒動になった時、「炎上する」ほどにspontaの社会的認知度はあったが、今はそれも望めない。    orz

続きを読む
posted by sponta at 05:56| 東京 ☔| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊丹十三映画を解題する。


コンポジションシートという、映画&ドラマを吟味するための「(オリジナルな)評価基準シート」を作成した。





・主人公の抱える人間関係の対立。

・その底にある理想・意志の対立。

・諸属性:場、設定、テーマ、セールスポイント。

※ 上記が存在しないなら愚作。下位項目の存在感が上位項目を上まるなら失敗作である。


すでに、ミメーシス評価法(作品は、現実と過去の傑作をバージョンアップさせた模倣・再現でなければならない)、17世紀フランス古典演劇理論による評価法(ありえないはダメ)を提示している。

評価対象は、「娯楽作品」である。

つか、伊丹映画には、娯楽作品しか存在しない。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

あいだみつを芸術の捉え方。


フジテレビの「テレビ寺小屋」に詩人&書家・あいだみつを氏のご子息が出演していた。ご子息氏は、父君の記念館の館長である。


・書とは、裸で向き合わなければならない。

・文字ではなく、内容に注目してもらうために、あの書体になんた。
(眼で、読む人の心を開く)

・仕事場は別棟にあり、詩作・書の時は、怖くて近づけなかった。

・見る人の鏡になる書。

・見る人を裸にする書。

が、ご子息の父親の芸術に関する随想。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

G20とチンポジ


東西冷戦の終了、ソ連の解体を経て、イデオロギーの時代は終わった。

そのことをspontaは、

イデオロギーは、チンポジと形容している。

チンポジとは、チンコ・ポジションの略であり、「右を向いていようが、左を向いていようが、気にしているのは、(気にしている)本人だけ」。

という意味である。

今回、大阪で開催されたG20で、ふと,チンボジを思った。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 猥談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0