2019年05月31日

猥談: マツコ・デラックス嬢は間違っている。

つか、LGBTの彼女に、ヘテロ・セクシュアル(のんけ)の世界が理解できているか、spontaはよく分からない。

MX「5時に夢中」には、「中折れした男性の悲哀」に同感するマツコ嬢がいる。

彼女?にそう感じさせる感性は、彼の中の「男性」なのか「女性」なのか・・・。

つか、「中折れ」という表現がそもそも正確ではない。「棒をイメージする芯」があるから、「折れる」という形容が成り立つ。性交開始時は、屹立していたのに、時を経て「射精して果てる」のではなく、「射精もせずに果てる」。

「男根が折れる」のではなく「男性の心が折れる」。そのことを印象づけるために「中折れ」と形容したのではないか。
性交中に「(男根の)中(ほど)が折れる」ではなく、「(膣)中で折れる」のだろう。

妻の友人にアメリカ人と結婚した女性がいる。彼女の夫は「硬さ不全」で、性交時のことを「まるで蓋(ふた)をされているみたい」と告白している。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0