2019年05月27日

放送大学・シリーズ「日本の近代化を知る7章」の皇国観を唾棄する。



明治維新は、世界史上希有な出来事であり、短期間に「民主主義・法治国家」を実現し、西洋文明を導入し、高いレベルでの「富国」を実現した

と、老齢の講師は誇っている。

spontaに言わせれば、

・民主主義は、他国の内政を干渉するための制度兵器。

・法治国家は、諸子百家の頃に、「人間を小ズルくする」と否定されたが、秦の中国統一によって導入された制度でしかない。

・「富国」にしたって、産業革命を達成したイギリスでは、労働者の劣悪な労働環境が糾弾されていたのであって、それが自然破壊につながっている現代を思えば、誇れる話ではない。
「富国」の実際とは、資本主義的性格を強めることであって、それは「西洋による支配・君臨・統治」を容易にするための基盤を整えることでしかない。

かねてより指摘しているが、「自由」の反対は「不自由」ではない。「自由」の反対は「家父長的な身分制度」。他国を侵略・崩壊させるための「思想兵器」が「自由」という理念なのである。

そのような「明治維新」の深層を一切考慮せぬまま、「近代日本を賛美する」かたちで講義が展開していくのは、ポストモダンの現代としては、笑止である。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0