2019年05月17日

ヒストリーチャンネル「古代の宇宙人」の要約。


・惑星Xたるニビル星人(アヌンナキ)によって、45万年前に遺伝子操作により、類人猿からホモサピエンスが創造された。
(ニビル星の周期は、3450年。次に地球に接近するのは、2900年頃である)

ニビル星の大気が危機的状況に陥り、それを修復するために、地球の「金」が必要だった。労働に疲れたニビル星人は、「金を採集するための奴隷」として、(自らの遺伝子と類人猿を遺伝子操作して)人類を創造した。・・・セガリア・シッチンのメソポタミアのシュメール文明の楔形文字の解析による。

・現在の文明の歴史の前に、(大洪水などにより)4度文明は滅亡している。・・・(マヤの文書から)

・類人猿は多種存在したが、(人種はあるものの)ホモサピエンスは一種類。その理由は、突然変異や自然淘汰によって、人類が誕生したのではないことを示している。

・人類が「毛皮を捨てた」ことは、自然淘汰説では説明できない。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0