2019年05月15日

娘、GWにソウルに旅行する。


家族とは一種の宗教団体である。

居ながらにして「出家?」しているし、幼少期から価値観を刷り込まれているのだから、当然のこと。

*

娘が中学の時、英語スピーチコンテストへの準備に取り組んでいる時のこと。

担任の女性英語教師が「あなたは親の言いなりになっている。あなたの主体性は無いの?」と毒つかれた時、「子とは、本来そういうものである」と達観した考えを娘が披露したのを印象的に覚えている。(もちろん、その場に私が居るはずもなく、娘からの伝聞である)

天才・早熟でなければ、「子供の自力」だけでコンテストを勝ち抜けるはずはない。

spontaは、「娘が経験したこと」から、英語スピーチコンテストで評価されるような出来事を拾い出し、日本語原稿を作り上げた。
私が、その時、娘に言い続けたのは、

・「お前は、作文が苦手なのではない」。

・「当事者は、起きたことを客観的に把握することができない」。

さらに、

・「現実をテキストにすることへの躊躇・恥じらいがある」。

それらを克服することが、第一。
お前も時期が来れば、「自分に起きたこと」を客観的に見ることができるようになるし、「発信することへの勇気」も生まれるはず。

作文とは、「弁証法」の一種である。

・話が「右に振れたら」、次は、「左に振る」。

それが、現実には「心の中の出来事」だったとしても、それではインパクトが弱いから、「現実に起きたこと」にする。

・「現実そのまま」では弱い。演出は必要である。

(伝奇小説家・山田風太郎は、学校の作文で父親を殺している。それを思えば、大したことはない)

なんてことを繰り返し繰り返し、娘に教授した。

つまりは、今回は便宜的に、スケジュールの都合上、父親の私が代行するに過ぎない。あくまでも、オーソライズするのは、娘。つか、娘が女優。spontaはシナリオライターであり、演出家・・・。

GWから初めて、原稿ができたのが、夏休みが始まる頃。英語原稿のチェックを担任女教師に頼んだ時の反応が上記。

3か月かけて、ほぼ毎日、spontaと娘が取り組んできたのだから、原稿が上出来なのは当然。
中学校2年の英語力で書けるような英文ではないから、担任英語教師の反応も当然のことである。

余談だが、三年後、ほとんど同じことを大学受験のAO入試の資料制作のために行った。


結果は、中学2年では審査基準が分からず惨敗したが、中学3年では東京都代表の4人に選ばれ、全国大会へ。娘は、「都大会の審査員長の講評シートでは、君が一番」と書いてあったとか。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

学校と学習塾・予備校の違い。


小学生のユーチューバーが学校に通わない。それを心理カウンセラーの父親が擁護しているのだとか。

日刊スポーツ


5チャンネル[2019年5月8日15時56分]

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

ミメーシスは芸術の基本である。


不易流行という言葉がある。

ウェブによると以下。

いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと。また、新味を求めて変化を重ねていく流行性こそが不易の本質であること。蕉風俳諧しょうふうはいかいの理念の一つ。解釈には諸説ある。▽「不易」はいつまでも変わらないこと。「流行」は時代々々に応じて変化すること。 (三省堂)

蕉風しょうふう俳諧はいかい理念の一つ。解釈には諸説ある。一説に、俳諧には不易(永遠に変わらぬ本質的な感動)と流行(ときどき新味を求めて移り変わるもの)とがあるが、不易の中に流行を取り入れていくことが不易の本質であり、また、そのようにして流行が永遠性を獲得したものが不易であるから、不易と流行は同一であると考えるのが俳諧の根幹である、とする考え方。(学研)
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

令和はどんな時代になるか・・・。



spontaの解析は以下。

・明治時代: 日本文明が、西洋文明に陵辱された時代。

・大正時代: 陵辱されたことに、日本人たちが気づき始めた時代。

・昭和時代: 気づきが確信に変化し、西洋文明と全面対決をした時代。そして、再び雌伏の時・・・。

・平成時代: 西洋文明(フランス現代思想)は自ら(モダニズム=主観&西洋文化第一主義=進化論)の「邪悪性」に気づくが、日本文明は(バブルとその崩壊を経て)雌伏したまま。ポストモダン(客観主義・文化相対主義)には至らない。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

我々日本人は、本質的に縄文人である。

山田康弘氏には「縄文人の死生観」という書籍があるが、彼は「寄せ墓」という縄文遺跡を発掘したことがあるという。

彼曰く、この風習は、「先祖代々の墓」という現在の埋葬習慣にも繋がっているとか。

「先祖代々の墓」という埋葬スタイルは祖霊崇拝を表すものであり、アメリカやヨーロッパはもちろん、日本人のルーツの一つである韓国・中国にも見あたらない。

つか、先祖崇拝を拒絶した埋葬形式を行っているのは、天皇家ぐらいではないか。埋葬形式は死生観に由来するが、死生観こそが人間の思想の本質とするなら、私たちは未だ縄文人なのである。


続きを読む

2019年05月10日

岡本太郎氏を批判する。(縄文論)



生きていた時に非難・批判されていた人・ものが、時を経て、評価されることがある。

昭和の時代、東京タワーの評判は悪かったが、平成の時代になると、昭和のノスタルジー(懐古趣味)にともなって、評価されるようになった。

spontaは、最近でも見上げることがあるが、あのデザインは電波塔以外の何物でもない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

縄文文化は、弥生文化との対照によって、明確に規定できる。

放送大学の縄文文化をテーマにしたクロス討論。縄文遺跡研究者・哲学者・土偶女子・岡本太郎関係者が出席していた。

テーマの趣旨は「現代において、縄文文化に価値を見いだしたい」ということだろうが、より明確にいえば、

・「弥生文化に連なる現代社会が行き詰まっているなら、縄文文化から解決策を見つけだそう」

ということか。

つか、弥生文化との対照によって、テーマを提出しないと、討論は散漫になる。
続きを読む

2019年05月08日

カーナビで「北を、上のモード」にする意味・価値。


spontaは、カーナビで「上を、車の進行方向」にするモードで表示してきた。

昔、バイク便の仕事をやったことのある人と車で移動することになり、彼は、「頭の中に東京の地図がインプットされている」ので、「進行方向が上」なのは気持ちが悪いとの不満を漏らす。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | リアルウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

自分の人生は間違っていなかった。


と考える人は、幸福なのだろうか・・・。


というのも、

物理学者・ホーキング博士は、「自分の理論が間違っている」と指摘されることは、「真実を知ること」だから、喜んだのだとか。
続きを読む

2019年05月06日

自他の境界領域の内側・・・。


娘は大谷二刀流と同い年だが、先日、

「自他の境界領域の内側に入ってしまった・・」

と、突然言い出すので驚いた。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

平成天皇の決断は正しかった。


まれにみるGW十連休。

そして、改元。

正月は、寒さが厳しいが、この数日は、穏やかな気候の正月が訪れたような気分。


天皇の崩御に関連づけられた新天皇の誕生は、嬉しさ半分、悲しさ半分だが、今回の退位・即位は、一点の曇りもない。

西暦と元号の並立は面倒だが、「新しい時代が始まる」という気分は悪くない。

つか、素晴らしい。



2019年05月04日

斎藤仁、元全日本柔道代表監督のご子息・立(たつる)君が、日本選手権に出場した。


国士舘高校の三年生ということだが、同門・国士舘大学卒、千葉県警の加藤博剛氏に敗れる。

寝技でご子息は敗れたのだが、絞め技から寝技への連続攻撃は、亡き父・仁氏が加藤氏に教えたものだという憶測があった。


ドキュメンタリー番組で、末期癌の仁氏が息子たちに、病院で付き添っているのではなく、「稽古に行け」と送り出したのが鮮烈的だった。

立君が中1の冬。父は旅立っている
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

上野千鶴子嬢の主観論。


女性学の教授の入学式での祝辞が話題になっているという。

spontaに言わせれば、主観論である。

つまりは、主観の底には、感情があり、それを如何にすべきか。
そんなことに言及している。

だが、ポストモダンの立場からいえば、「どう思うか?」なんてことはどうでもよく、「環境に適合できるか?」。その一点で、すべては集約され
る。

上野譲が言いたいのは、

「東大入試に合格したからといって、努力は報われるなんて思うな」その一点であり、その延長線上で、「被害者的なジェンダー論」を展開したに過ぎない。

「女性であること」にはデメリットもあれば、メリットもある。

上野譲はデメリットは勿論、メリットも嫌いなのだろう。



当然のように、「男性であること」にデメリットもあるのだが、卑怯にも、そのことに言及しない。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

「日本陸連は私物化されている」と1億円男がクレーム。


マラソンの日本記録を得て、1億円をゲットした大迫選手。
日本選手権に、1万メートルで出場しようとしたが、マラソンに専念していたので、公式記録を持っていない。
そこで、陸連推薦枠で、日本選手権に出場しようとしたら、拒否されたのだとか。

陸連のコメントは、不公平になるから・・・。とか。
マラソンの日本記録保持者だから、当然のように、練習では、参加資格のタイムを記録しているのだろう。

理不尽に思った大迫選手は、SNSに「陸連が私物化されている」とのテキストをアップした。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

令和時代、初日に思う。(切なき三人家族)


歳を重ねるにつき、いつの間にか、「甲子園球児が年下」なことに気づいて驚いた。なんて感想を持つ人が多いという。

さて、新天皇。私よりも、一歳年下である。

「国民の象徴」である陛下とspontaの間に、「長幼の序」が成立するはずもない。


新陛下。

幼少期から「金の鳥籠に囲われた」彼のことを殆ど無感動に眺めてきたspontaだったが、雅子皇后と結婚されてからの「苦難の道」は、同性として「心を動かされる」。

私は、美濃部達吉教授と同じ「天皇機関説」の信者であって、「天皇=現人神」の立場をとらない。

結婚に悩む彼女に、「雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから」というセリフで口説き落とした由。

気になるのは、「・・・から」という末尾。
新皇后は、「から」という末尾で、何を表現したかったのか。
この決断も、かなり切ない。
金のかごの鳥の彼氏を癒せるのは、彼女しかいないということか。

一般的には、「女性を幸せにする」とは、「経済的に恵まれた生活を保障する」ことだが、新陛下の事情を思えば、果てしない・・・。


一歳年下の、恵まれた環境に育った・・・。などと思っていたが、「立場が人を育てる」。

傍から見ていても「必ずしも幸福とは思えない」三人家族。
ご一家の幸福を願わない人たちは、非国民であるばかりか、人間ではない。とさえ、spontaは思ってしまう。

そのことが、「天皇制を否定・批判・廃止を望む人たち」にとって悩みの種かもしれぬ。


牛田智大君のピアノ演奏関連記事。


ショタコンピアニストとして、一世を風靡した彼が、大人になっていく・・・。

*

最近、過去の記事を閲覧する人がいるので、リンクを貼っておく。

2012年04月01日
牛田智大君へのアドバイス(その2)



2012年05月15日
牛田智大くんへ。「タイム感だよ」。



2018年09月29日
牛田智大君(ピアノ美少年)の絶望的な成長。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0