2019年04月20日

親に騙されたままのspontaの人生。


仕事で一緒になった人があり、車の移動時間に、お互いの自己紹介などをする。
そんな日々が数日続くと、打ち解けてきて、お互いの幼少期を明かしあう。

同僚氏は、幼い頃に両親が離婚し、母親と同居していたが、小学3年の時に、母親が恋人を連れてくる。
その男性により虐待を受ける。

孫の様子を心配した祖母は、彼を引き取り、以来、彼は母と離れて暮らすようになった。彼が小学5年の頃の話。


詳しくは書かぬが、シナリオライターが書きそうなありがちな波乱万丈な設定。だが、まぎれもない事実。

一方の私。

厄年の時に母からファックスが来て、「お前に行ったDVのことがフラッシュバックするから・・・」と、絶縁を申しわたされる。

親孝行な私は、以来、両親と会っていない。

そして、先日、父親がすでに亡くなっていたことを確信する。

あなたって、幼い頃から精神を鍛えられましたねぇ・・・。

一方の私って、うっかりもの。

・・・なんて話をした。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0