2019年04月05日

サッカー日本代表の三銃士の特徴。


先日のボリビア戦。

後半途中までの、宇佐美・乾・香川の旧メンバーと、三銃士(中島・南野・堂安)の違いについて、明確にしておく。
専門家評は、旧メンバーたちは「久しぶりの試合」だったので、手堅く行き過ぎたとのことである。

ま、そのような形容も悪くはないが、本質を捉えていない。

ロシアワールドカップメンバーと、三銃士の違いは、「前に行く意志・覚悟」の有無である。

中島はドリブルで切り込む。堂安は、フリーランニングで切り込む。

どちらが効果的かといえば、ボールを持っている中島なことは明確である。

この基本方針があるから、三銃士は強い。

つまり、攻め方のパターンの「優先順位が明確」だから、三銃士の意思統一が図られている。

1がダメなら、2。

2がダメなら、3。

それが共有されているから強い。

*

三銃士を生んだ理由は、

・バックスへの信頼。

そして、

・自ら守備もしていることへの自負。

である。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0