2019年04月02日

イチロー選手とのハグを遠慮した黒人選手。


シアトル・マリナーズのチームメイトで、イチロー選手をリスペクトしている或る黒人選手は、ベンチ前でチームメイトたちが次々とハグしているところで、「それは、恐れ多くて出来ぬ」と、頭を下げる挨拶を申し出た。

イチロー選手は、「そんなこと気にするな」と、強引にハグをする。

その後、テレビカメラは、ベンチで涙ぐんでいる黒人選手の映していた。

spontaは不覚にも、「外国人は、接触感覚が鈍いので、誰とでもハグをする」などとspontaは勘違いしていた。


先日、亡くなられた兼高かおる嬢。

世界中を旅してまわられたのだが、「ベチャーとキスをされる」のが、嫌な時は、すかさず「合掌する」のだとか。
さすれば、過度のスキンシップは避けられる。

とか。


日本人どうしでも、バグをする習慣が増えている気がする。

握手は「相手の手が湿っていたり」すると、何となく、嫌な感じもする。

ハグの方が、いいのかなぁ・・・。



posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0