2019年04月01日

料理酒とは何か。


先日、野菜足しレトルト食品の酢豚をつくったら、妻と娘に好評だった。


だが、つまはレトルト食品の匂いがするといい、娘は、調理時に、日本酒を使って、匂い消しをするとよいと・・・。

料理酒なら、さらによい。と。


私は、レトルト食品特有の匂いをあまり感じていなかった。
私の味覚など、そんなものである。
(-_-;)

だが、愚直に
娘にしたがって、料理酒を使って、調理をすると、娘も妻も満足げだった。


さて、料理酒の定義をWikipediaで調べて、驚いた。

なんと酒税法の適用を逃れるために、料理酒は製造されている・・・。

発泡酒、料理酒は、発想は同じってこと。


妻に言わせると、桃のマークの大型中華料理チェーンには、レトルト食品の匂いがするとか・・・。

戻す時に、料理酒などで臭みを消すことができるだろうに、それをしない経営陣は、認識不足というか、努力不足というか。


レトルト食品特有の匂いには鈍感なspontaだが、四国由来のうどんチェーン・M製麺の出汁には、粉末系のニュアンスが気になっていて、最近、訪れていない。

ま、そんな感じ。
レトルト系の匂いと違って、粉末出汁な感じは、どうやって消すのだろうか・・・。

今度、妻に聞いてみる。



posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0