2019年01月13日

旧2ちゃんねる情報とマスコミの乖離

さて、昨夜、記事を書きました。

旧2ちゃんねるの引用ですが、

「ガセかもしれない」としても、「真実・本質」と、マスコミの乖離という意味では、興味深いです。

spontaの記事と、週刊新潮の記事


の違いは、

・「当事者も、マスコミも本当のことを知っていて、

・わざと「違う論点で賑わっている」。

という現実をイメージさせます。


実は、このような論争は、過去にも多いのであって、議論の双方が「論点ずらし」を共謀していて、「(現実とはまったく関係ないことを承知で)そこで争う」。

な、ことは、よく起きていたのでしょう。

たとえば、猪瀬東京都知事が、「一万円札が、トランクに入るかどうか」を物証したり・・・・。

はるか昔のかすかな記憶ですが、田中角栄ロッキード事件で、(スパイ小説でもあるまいが)大使館裏の寂しいところで、金銭の授受を行ったなんてのもありましたっけ。

*

今回のNGTの事件では、「論点のすり替えで、悪者になった別のメンバー」が逆切れしています。

本家AKBのメンバーが、すでにさまざまな発言をしていますが、「(裏で何が起きていたか)何も知らないで発言している」のか、「論点ずらしに加担している」かのどちらかでしょう。


今回の一件は、「メディアリテラシー」を考察する上で、きわめて示唆的な事件。


・婦女暴行がなかっただけマシ。

否、

・婦女暴行・写真撮影がなかったからこそ、

真実が追及できる事件かもしれません。





posted by sponta at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGTに関して、分かりやすい解説があったので、引用する。

30名無しさん@恐縮です2019/01/12(土) 23:21:39.51ID:v+79Lq7DO>>69

名前:名無しさん@恐縮です Mail: 投稿日:2019/01/10(木) 23:58:44.81 ID:1O2WCqAn0

メンバーの関与が明言されたのでもうはっきり言っちゃうけど
NGTが借り上げてる1フロア一括で借り上げてる高級マンションがあるわけ
 そこに地元出身じゃないメンバーが10人弱住んでる

 ある時期から綱紀が緩んでそこに男を連れ込みだしたメンバーが複数いるんだよ

山口や菅原らマジメ組はそれに腹を立てて運営にその実態をチクったわけ
 ヲタを彼氏にして寮に連れ込んでラブホがわりにしてる連中がいますよって

それで運営が注意したんだけど、じつはNGT運営がなぜか特別扱いしてるヲタどもなんで
運営の注意なんて効果が無いしむしろ逆恨みで彼氏連れ込んでた連中が山口たちと対立し出した

 そんななかで宮島っていうメンバーがそいつらの彼氏に寮内で凄まれてノイローゼになって卒業しちゃう事件が起きた

山口はそれに悩んで運営にさらにねじ込んで状況の改善を要求

それに怒った彼氏たちは寮内で山口をつるし上げようとして帰宅のタイミングを狙って山口に迫ったわけだ
 そしたら驚いた山口が悲鳴をあげたんで彼氏たちは山口の口を押えて黙らせようとした

 その様子を自分たちの部屋で伺ってた山口の味方のメンバーが運営の信頼できるスタッフに連絡して警察沙汰になった

 でもそのあとで運営幹部が乗り出してきて、メンバーは処分するので示談してくれと山口に頼んだ

山口は了承したけど、それが口約束だったんで守られずこういう騒ぎになったわけ

 メンバーが個人情報を犯人たちに教えましたというのがそもそも嘘というか
肝心なところをまったく説明を省いた話なんだよ

 その犯人たちは山口のヲタではなく、情報を教えたメンバーたちの彼氏なんだよ

彼氏だから日常的にオートロックの中のメンバーしか住んでないフロアに日常的に出入りしてた連中なの


このコメントの信憑性は疑問だが、「分かりやすい」ことだけは確か。


※ ゲスの勘繰りだと、

・「暴行ではなく、婦女暴行だったのでは」

なんてことになるんだが、まったくの見当違い。あは。



「言ってはいけないこと」があると、議論はおかしくなる。

この場合の「言ってはいけないこと」とは、メンバーの中に「ファンと性交している人がいること」なんだなぁ〜〜。




つか、真実は分かりやすい。

ならば、分かりやすくないなら、真実ではない。

・・・ですか。
続きを読む
posted by sponta at 00:08| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天才少女の作り方。



囲碁で天才少女が現れた。

仲邑菫(なかむらすみれ)ちゃんという小学4年生。

日本囲碁協会が今年スタートさせた制度によるプロ第一号。

エキシビションで対戦した日本トップの棋士も、「同じ年齢の時の自分」よりも強いと絶賛する。

当人は「中学生になったら、タイトルを獲得したい」と目標を明かす。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0