2019年01月18日

自動車産業におけるCASEとは。


ダイムラーが提唱した、新時代の自動車産業の課題は"CASE"だという。

C:コネクト(情報共有によるイノベーション)

A:自動運転

S:(カー)シェアリング

E:電気自動車
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

勝手な憶測。 牛田智大君は、このブログを読んだ?


先日、牛田君が、浜松国際ピアノコンクールで、過去日本人最高の2位になった。私はBSのドキュメンタリー番組で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番の抜粋を聴いて驚いた。





右手の演奏と左手の演奏がコールアンドレスポンスしている。

※ 勿論、そのためには、右手と左手がアイソレーション(独立してコントロールされている)している。

彼は中村紘子嬢に師事したという。だが、中村嬢にタイム感はない。「桐朋の音楽教室」の同僚である小澤征爾氏と同じ「協調的な律動感覚  (指揮者の棒に、左右の手が従う感覚)」である。

ショコタン当時、ショパンの独奏曲に関連して、情趣を込めるためにテンポルバートな演奏を心がけていると、インタビューで語っていた彼の「(糸の切れた凧のような)とりとめのない演奏」は影を潜め、グレン・グールドに通じる「右手と左手が独立したグルーヴ感」を持った演奏になっていた。

彼は、昭和音大に所属しながら、ロシアでピアノを学んでいるという。

ブーニンがロシア出身の人気ピアニストなのだから、ロシアのピアノ教師が「タイム感を尊重した指導」を行ったとも思えない。

とすれば、牛田君が、このブログを読んだ結果、「タイム感の存在」に気付き、グレン・グールドのような、右手の演奏と左手の演奏のアイソレーションしたとしか、spontaには考えられない

2012年04月01日 牛田智大君へのアドバイス(その2)。




続きを読む
posted by sponta at 08:51| 東京 ☀| Comment(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤレる女子RANKING



週刊誌SPAの記事が、女性蔑視だと炎上しているという。

spontaは、女性蔑視者ではなく、女性崇拝者だから、「やらせてくれる女性」に感謝こそすれ、サゲスむことなどありえない。

アダルト系のビデオに出演している女性たちにしても、「自らの裸体」や「行為」を発信しても「心が傷つかない」、すばらしい魂だと思う。

実際のところ、意志薄弱がゆえにアダルト系女優になった人は、職業を継続しないから、名のしれたアダルト系女優は、「意志・確信のある女性たち」に違いない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

アパ日本再興財団「真の近現代史観」懸賞論文を書きおえた。


応募期間は、4月1日〜8月31日。だから、まだまだ余裕がある。


タイトルは、

・映画・ドラマから見た「日本芸術の特異性」
〜何故、日本のドラマは韓流やハリウッドに比べて「おもしろくない」のか〜

である。


基本構成は、

・日本の芸術は、〈もののあわれ〉無常。

・西洋の芸術は、〈ひとのあわれ〉愛憎。

を起点として、日本の特異性の本質を、

・自給自足的スピリット:縄文

と断じるもの。

日本のスピリットの本質は、「弥生」ではない。

・寄生的スピリット:弥生

である。


論文の結論は、日本の本質は、

・縄文の精神が、弥生文化を許容・内包した。

のであって、

・弥生文化のなかに、縄文の精神がサバイバルしているのではない。

とする。


APA懸賞論文が行いたいのは、「戦後の自虐史観の修正」。その意味で、田母神俊雄氏が、第一回を受賞したのは、象徴的といえる。

spontaの論文は「自虐史観」の底にあるのは「寄生系スピリット」であり、そもそも「弥生文化」がその起点であると指摘する。

そのような視点が、同賞の審査委員たちから許容されるのかはビミョー。したがって、結果について、多くを期待しない。


ま、四月になったら、しれっと送りましょうか。
(-_-;)

ストライクの意味。



「球辞苑」という野球番組の「悪球打ち」の特集。

番組の主軸は、ボール球をホームランにする選手たちがフォーカスされていた。

そこで、驚いたのは、ストライクの「独特な定義」。

ストライクは

・左右は、ホームベースの上。
・上はユニフォームのマーク。下は、ヒザガシラ。

そう思っていたが、こんな解釈があるという。


ストライクは次の3種類。

1、ど真ん中。

2、(バッターが)打てるコースに来た球。

3、(ピッチャーが)「よくぞこんなところに投げました」とほめられるべき球。


これから言えば、アンパイアの「ストライク」のコールは、

「(打てるコースに来たんだら)打てよ」の意味となる。


そう思ってしまえば、国際試合における「ストライクorボール」の判定も納得が行く。

上下左右のポジションだけではなく、球威・球質・変化の程度ではなく、選手にとって「打てるコース(ベースを通過する位置」」がストライクだと割り切れば、野球の見方も変わってくるし、アンパイアに対する不満も解消する。


posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

半島南の火器レーザー照射の真相。


旧2ちゃんねるの意見。


21名無しさん@1周年2019/01/15(火) 21:25:16.32ID:uQSOtElk0

日本のEEZ内で瀬取りをしていたので、軍艦旗を上げず無線封鎖して所属を不明瞭にしていました。
悪いタイミングで日本のP1がこちらに接近して来たため、正体がバレる前にFCレーダーを照射して追い払うつもりでした。
目視さえされなければ強弁で誤魔化せるからです。
まさかあの距離でハルナンバーまで光学的に判読されているとは思いませんでした。だってこちらからは全然見えてませんでしたから!
日本が証拠を小出しにしてくるので、言い訳の整合性が取れず困っています。
これでは声を大にして議論のポイントをずらす事しかできません。
文大統領には面子があるので強気の発言をしていますが、あれは韓国民向けのものです。
もし、オフレコの密室を用意してくれるのならば、幾らでも謝罪する用意が有ります。
ただそのかわり韓国が対外的に面子を保てるようにしてください。あ、これは外交機密ですよ、念のため。
徴用工への賠償も、なんなら韓国が内密に支払いますので、何とか日本政府が自発的に支払ったことにして欲しいのです。
そろそろ何とかしてくれないと、また大きな声を出しますよ。ニダ。


spontaも、そんなことだと思っている。

人道的な救助ってのが、瀬取りだったから、その嘘を隠すために、墓穴を掘っている。

〜なんでしょうね。


こんなフェイクニュースもあるとか。


96名無しさん@1周年2019/01/15(火) 21:28:41.85ID:t4bnPheb0
朝鮮のKBSによるフェイクニュース。
自衛隊機が如何にも威嚇した飛行をしたか
の様な映像をつくっているが、
もしこの様な航跡で自衛隊機が本当に飛行していたとしたら、
朝鮮の艦艇はとんでもなくデカい。
いくらなんでも、
自衛隊機はこんなに小さな半径で旋回はできない。
セスナでもムリ。
旋回半径の限界からしても、
朝鮮はフェイクニュースを流しているのは明白。

posted by sponta at 22:09| 東京 ☀| Comment(1) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGT続報。

NGTの件につき、娘に話したら、興味はないと、一蹴された。

どうやら、向かいの部屋に住んでいた男性たちは、「文春の特派員」というのが真相らしい。




posted by sponta at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴乃花光司氏の蹉跌。



元妻・息子の靴職人が、元夫への感謝・父への尊敬を表明しているが、心のうちは、そう単純ではないだろう。


spontaが思うのは、貴乃花光司氏が「やろうとしたこと」は間違っていない。ただ、そのための「立場」を彼が備えていなかっただけである。

彼にとって、「家族は、自分と同じ」であり、「自分と同じ苦労」をしたとしても、「仕方のないこと」である。

「他人に、無理を強いる」なら、まずは「自分から」。
その延長線上に、「家族への無理」があったのだろう。


息子は、父親のプレッシャーから逃れるために「靴職人になった」と告白しているのだから、「彼が22歳」になり親から独立した立場になったのだし、「父親も親方を辞めた」のだから、もはや「父親から逃れる」必要はない。

優一君は、ただちに「靴職人を廃業する」途を選択すべきであって、靴の前払い金を返却すべき。そもそも彼の「信用」は、親のせいなのだから、父or母が肩代わりすればよい。


大横綱の息子として育った優一君の「辛さ」を、景子ママは理解しているに違いない。

光司パパも、優一君の「辛い選択」があったことを理解すべき。

誰が、どう考えても、横綱の息子が靴職人なんて、それも、22歳で一本立ちなんて、ありえないのだから、早めに軌道修正すべき。

国民的大女優の息子氏のように「薬物に手を出す」とか、国民的物まねタレントの息子氏のように「デート嬢に薬物を服用させる」とか、法的な間違いを犯していないだけマシ。と、考えるべき。


安易な道と批判されようとも、「二世タレント」をやりながら、次の道を探せばよい。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

レーダー照射問題・徴用工問題の本質。

Kの法則というのがある。
要約すれば、「半島南の国には、関わるな」ということ。


今回の件は、半島南が「いよいよ、日本に対する劣等が決定的になった」ことを表現している。

先に指摘しているが、


戦後の半島南は、「これなら日本の属国・一部だった頃の方が、住みやすかった」との声があがり、(傀儡支配する勢力は)それを打ち消すために、「日本文化の移入を禁止」したり、「日本バッシング」を継続してきた。

さらに、朝日新聞の協力もあって、従軍慰安婦や、最近では、旭日旗を話題にしてきた。


問題は、半島南を「傀儡支配する勢力」であって、「傀儡」は身動きが取れないのだから、「何をやっても無駄」。「関わるべきではない」。


「傀儡支配する勢力」とは何か。

簡単にいえば、NWO(ニュー・ワールド・オーダー)に類する勢力。

当然の事ながら、彼らはグローバリズムを目指しており、そのために「日本と半島南」の対立を望んでいる。

正義や道理が通じる相手ではない。

はてさて、どうすればよいのか・・・。

posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

旧2ちゃんねる情報とマスコミの乖離

さて、昨夜、記事を書きました。

旧2ちゃんねるの引用ですが、

「ガセかもしれない」としても、「真実・本質」と、マスコミの乖離という意味では、興味深いです。

spontaの記事と、週刊新潮の記事


の違いは、

・「当事者も、マスコミも本当のことを知っていて、

・わざと「違う論点で賑わっている」。

という現実をイメージさせます。


実は、このような論争は、過去にも多いのであって、議論の双方が「論点ずらし」を共謀していて、「(現実とはまったく関係ないことを承知で)そこで争う」。

な、ことは、よく起きていたのでしょう。

たとえば、猪瀬東京都知事が、「一万円札が、トランクに入るかどうか」を物証したり・・・・。

はるか昔のかすかな記憶ですが、田中角栄ロッキード事件で、(スパイ小説でもあるまいが)大使館裏の寂しいところで、金銭の授受を行ったなんてのもありましたっけ。

*

今回のNGTの事件では、「論点のすり替えで、悪者になった別のメンバー」が逆切れしています。

本家AKBのメンバーが、すでにさまざまな発言をしていますが、「(裏で何が起きていたか)何も知らないで発言している」のか、「論点ずらしに加担している」かのどちらかでしょう。


今回の一件は、「メディアリテラシー」を考察する上で、きわめて示唆的な事件。


・婦女暴行がなかっただけマシ。

否、

・婦女暴行・写真撮影がなかったからこそ、

真実が追及できる事件かもしれません。





posted by sponta at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NGTに関して、分かりやすい解説があったので、引用する。

30名無しさん@恐縮です2019/01/12(土) 23:21:39.51ID:v+79Lq7DO>>69

名前:名無しさん@恐縮です Mail: 投稿日:2019/01/10(木) 23:58:44.81 ID:1O2WCqAn0

メンバーの関与が明言されたのでもうはっきり言っちゃうけど
NGTが借り上げてる1フロア一括で借り上げてる高級マンションがあるわけ
 そこに地元出身じゃないメンバーが10人弱住んでる

 ある時期から綱紀が緩んでそこに男を連れ込みだしたメンバーが複数いるんだよ

山口や菅原らマジメ組はそれに腹を立てて運営にその実態をチクったわけ
 ヲタを彼氏にして寮に連れ込んでラブホがわりにしてる連中がいますよって

それで運営が注意したんだけど、じつはNGT運営がなぜか特別扱いしてるヲタどもなんで
運営の注意なんて効果が無いしむしろ逆恨みで彼氏連れ込んでた連中が山口たちと対立し出した

 そんななかで宮島っていうメンバーがそいつらの彼氏に寮内で凄まれてノイローゼになって卒業しちゃう事件が起きた

山口はそれに悩んで運営にさらにねじ込んで状況の改善を要求

それに怒った彼氏たちは寮内で山口をつるし上げようとして帰宅のタイミングを狙って山口に迫ったわけだ
 そしたら驚いた山口が悲鳴をあげたんで彼氏たちは山口の口を押えて黙らせようとした

 その様子を自分たちの部屋で伺ってた山口の味方のメンバーが運営の信頼できるスタッフに連絡して警察沙汰になった

 でもそのあとで運営幹部が乗り出してきて、メンバーは処分するので示談してくれと山口に頼んだ

山口は了承したけど、それが口約束だったんで守られずこういう騒ぎになったわけ

 メンバーが個人情報を犯人たちに教えましたというのがそもそも嘘というか
肝心なところをまったく説明を省いた話なんだよ

 その犯人たちは山口のヲタではなく、情報を教えたメンバーたちの彼氏なんだよ

彼氏だから日常的にオートロックの中のメンバーしか住んでないフロアに日常的に出入りしてた連中なの


このコメントの信憑性は疑問だが、「分かりやすい」ことだけは確か。


※ ゲスの勘繰りだと、

・「暴行ではなく、婦女暴行だったのでは」

なんてことになるんだが、まったくの見当違い。あは。



「言ってはいけないこと」があると、議論はおかしくなる。

この場合の「言ってはいけないこと」とは、メンバーの中に「ファンと性交している人がいること」なんだなぁ〜〜。




つか、真実は分かりやすい。

ならば、分かりやすくないなら、真実ではない。

・・・ですか。
続きを読む
posted by sponta at 00:08| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天才少女の作り方。



囲碁で天才少女が現れた。

仲邑菫(なかむらすみれ)ちゃんという小学4年生。

日本囲碁協会が今年スタートさせた制度によるプロ第一号。

エキシビションで対戦した日本トップの棋士も、「同じ年齢の時の自分」よりも強いと絶賛する。

当人は「中学生になったら、タイトルを獲得したい」と目標を明かす。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

カルロス・ゴーン、語るに落ちる。


拘留期間延長に関する異議申し立てで、カルロス・ゴーン氏が発言したという。

フランスのグランゼコ(大学卒業者よりも、さらに上のエリート)を出た秀才だというのに、語るに落ちるとは驚いた。曰く、


私にとって家族が第一。日産の従業員が第二という思いで、20年間、誠実にやってきた。


ならば、彼にとって「一番大事」な家族のために、「二番目に大事な日産の従業員」のお金を横領するのは当然である。


リーマンショックの私的損失を日産名義に振り替えたことについても、「一時的」なものであると認めている。

「奢るものも久しからず」なのだから、現実は常に「一時的」。

カルロス・ゴーン。笑止にも程がある。

「いまはお金を返していないだけ。お金を返せば、詐欺ではない」という幼稚な論理。「わざとジャナイノ」。そんな感じだ。


罪状を認めれば、保釈の道もあるだろうに、罪状を一切認めないのは、彼のナショナリティーの民族性かもしれぬ。


結論をいえば、

逮捕がなければ、ゴーン氏は、「闇退職金」を受け取ったし、「私的損失をニッサンに付け替えた」。
「サウジアラビアのニッサンの協力者への支払い」は、すでに済んでいるというが、その妥当性が司法で争われているなら、ニッサン関係者にとって不利益なのは当然だろう。

つまりは、ゴーン氏は「推定無罪」だとしても、すでに「ニッサンの敵対者」なことは確定している。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

栄養サプリメント錠剤に想う。


にんにく・しじみ・すっぽん・黒酢・DHA、などなど・・・。

時計代わりにテレビをつけていると、栄養サプリメント錠剤のコマーシャルが延々と続いていく。

そして、ふと思う。


カップラーメンを食べると2〜3時間でお腹が空く。
だが、お店でラーメンを食べると、半日は持つ。

スープの粉末化&具材のフリーズドライによって、栄養が失われていることを示すのではないか。


それが、spontaの実感であり、閲覧諸氏の実感はどうだろう。

栄養サプリメント錠剤が「効いた」と実感できれば、継続して飲み続ければよい。

錠剤化によって「栄養が減じている」にしても・・・。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

兼高かおる嬢、90歳で逝く。



TBSの番組「兼高かおる、世界の旅」がスタートしたのが1959年というから、私が生まれた年。番組は30年間続き、平成2年に終了した。

彼女は、JFKに取材。エジプトのピラミッドにも登る。

生前を知る人は、彼女のモットーを振り返る。

・世界に発展途上国は存在しない。考えの違う国・人々がいるだけ。

そのスタンスは生涯ぶれなかった。


彼女の考え方は、「文化相対主義」。ポストモダン。


パンアメリカン航空の一社提供で番組は続いたが、パンアメリカンという航空会社は無くなり、番組は終了した。
ニューヨークのパンアメリカンの本社ビルは、今も存在するのだろうか。

映画「80日間世界一周」のテーマ曲"Around the world"は、多くの日本人にとって、もはや「兼高かおる世界の旅」のテーマ曲である。


神戸のお嬢さんで海外留学帰り。庶民には手の届かない「雲の上の女性」だが、嫌みを一切感じさせなかったのは、誰もが憧れる「ヨーロッパやアメリカ」ばかりでなく、「アジアやアフリカ」の秘境ともいえる未開の地を多く訪れたからかもしれぬ。

現地の人たちを、彼女がリスペクトする様子は、番組を見ていてすがすがしかった。
オンエアの話相手は、芥川隆行。「水戸黄門」のナレーションでもお馴染みだった。


自由に海外に旅行ができなかった時代、彼女は、日本人代表・女性代表として恥ずかしくないことを心がけたという。
日本人とは思えないエキゾチックな顔立ち(父親はインド人)の彼女だが、「ホ・ホ・ホ・・・」と上品に笑う彼女は、(ある時期の)日本のハイソサエティーを象徴していたに違いない。


平成が終わろうとしている今。

日本のハイソサエティーという幻想は成立しているのだろうか・・・。
posted by sponta at 17:50| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

森保ジャパンの戦術は、「極めて今的」である。


森保一監督のインタビュー番組を観た。
彼のモットーは以下。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

近代以前の失われたイメージとしての「松」。


松は老松などもあり、「永遠」をイメージして、用いられる。

だが・・・。
続きを読む

2019年01月07日

西部邁氏のメメント・モリ。


メメント・モリとは、世紀末に言われた言葉。

意味は「汝の死を忘れるな」。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

ハズキルーペの舘ひろし氏の熱演がエロい。


武井咲嬢がママを務める銀座のクラブ。下敷きは、テレビ朝日のドラマ「黒革の手帳」に相違ない。

小泉・元総理ご子息が、「こんな小さい字は見えない」と、渡辺謙のモノマネにもなっていない演技はご愛敬。


spontaが、気になってしょうがないのは、隣のブースの舘ひろし氏。

「これ、エミが生まれた年のワインだね」
と、隣席から、声をかける。

同席してくれないエミママに、「横入り」で声をかける。

さらに、「ママの生まれた年を僕は知っているよ」と、さりげなくアピール。

舘氏の「思いを込めたセリフ」は、

・ぜひ一度、お願いしたい。

または、

・もう一度、お願いしたい。

という「中年男性の切実な思い」を表現している。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

日本サッカーのミーメーシス。


西野前監督と岡田元監督の対談番組を観た。

西野氏曰く、「外国人監督の場合、前任者を否定するところから始まり、経験の伝承はない。だが、今回は、ロシアワールドカップで、森保一氏(ポイチ)はコーチを務め、大会後に新監督に就任した。今回、初めて、日本代表の経験が伝承される」。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0