2018年05月31日

「アト・ア・グランス性(ちら見性)」の重要性。




アト・ア・グランスとは、「ちら見」。ちらっと見る。一瞥できることである。




私はブログを書いているが、twitterに比べると「アト・ア・グランス性」は低い。


同様に、2時間の映画やテレビ番組に比べ、Youtubeの動画の「アト・ア・グランス性」が高い。




インターネットで、まとめサイトが見られる今、「オリジナルにも、〈ちら見性〉が求められる。


視聴者にとって、「閲覧のコストパフォーマンス(情報の価値/時間)」は重要である。



続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0