2018年05月30日

関東学連の宮川君への処分は不適当である。


宮川君が「自分には、アメリカンフットボールをやる資格はない」と言ったのは、「反則をおかしたから」だけではない。
監督・コーチの指示にしたがわず、「記者会見を開いた」ことも含んでいる。

そもそも彼に「現役復帰の意志はない」。
そんな彼に、「1シーズンの出場停止」「反省文を書いたら許してやる」などという処分は笑止である。


宮川君は被害者である。
つまり、犯人の一味ではない。
「犯人に監禁された人質」の一人であって、「犯人の指示」によって、「暴行を強要された」に過ぎない。
そのことを被害者側である関学が明言しているのに、関東学連は、「理解が薄い」。


根本的な原因は、関東学連が「特異な指導体制を持つ日大アメフト部」を黙認したことが原因であって、まず、そのことを関西学連に対して詫びることから、はじめるべきだったろうに・・・。


アメリカンフットボールに魅力を失っている宮川君に、「寛大な処分」は無意味である。
「処分なし」にしてこそ、アメリカンフットボール界の度量を見せることができる。


日大も、アメリカンフットボール関東学連も、同類。

遵法を気にするアカデミストは、人の気持ちを理解しない。
posted by sponta at 07:04| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「いじめ」対策で取り組まれない「受け手の感受性の〈鈍化〉」。



「いじめ」撲滅に、教育界のみならず、行政、マスコミが取り組んでいるが、まったくもって、説得力のない施策ばかりで、信じられない。


まず、やるべきことは、




「いじめ」の実際を、


・「(加害者が)実際に行ったこと(行為 + 言葉)」と


・「(被害者の)精神的な被害(受け取ったもの)(肉体的被害 + 精神的被害)」を


切り分けること。




この分析は、フランス現代思想の〈表象〉理論に同じである。





〈表象〉とは以下。


モダニズムの文芸批評では、「思索批評」が最上とされた。つまり、「鑑賞者の主観」こそ素晴らしい。と。


だが、「鑑賞者の主観」は「作品」には関係ない。


作品は、「作品に書かれていること」で評価すべき。それが〈表象〉の方法論。




続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0