2018年05月27日

演奏時に、「身体を揺らすか」どうか。


「題名のない音楽会」の司会者だった佐渡裕氏は、楽器奏者がプロのオーケストラに入団すると、「身体を揺らさなくなる」と批判的に語ったのを印象深く覚えている。


この背後にあるのは、「プロのオーケストラの楽団員」の〈暗黙知〉として、「クロノス時間とカイロス時間の同時把握」が存在すること。

「身体を揺らす」と、演奏者は「カイロス時間」に支配されてしまい、「クロノス時間」を持つことができない。


※ クロノス時間とは、物理的な時間。(メトロノーム)
※ カイロス時間とは、感覚的な時間。(テンポ・ルバート)


若き日の小澤征爾氏がN響にボイコットされたのも、斉藤秀雄ゆづりのタイム感を無視した指揮が、楽団員から拒絶されたに違いない。−−−楽団員たちは芸術家。生意気や遅刻といった理由で、指揮者を拒否することなどありえない。

小澤征爾氏がサイトウ・キネン・オーケストラを結成するなど神格化した斉藤秀雄だが、この「誤り」を是正しないと、クラッシック音楽で身を立てようと思う若い人たちが「とまどう」・・・。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(12) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0