2018年05月26日

椎野伸一先輩(東京学芸大学)。日本の音楽界をイノベーションしましょう。



私が高校1年の夏合宿。妙義山麓のひし屋旅館。

椎野先輩が芸大に合格して、現役生のために「ラ・カンパネルラ」を弾いてくれたのを私は印象深く覚えている。私はセカンド・クラリネットだったから、ピアノの近くにいた。盛り上がるトリルのところで、プラスックのカップがはじける音が偶然したっけ。

その時、顧問の松本成二先生が教えてくれたのは、椎野先輩が「入学後、最初のレッスンがテンポキープの練習だったので驚いた」こと。


私は、その時、何も分からなかった。
だが、娘が日野皓正氏に学び、グルーヴを知り、さらに菊池成孔の音楽理論に接すると、ようやく30年後に理解できた。

その結論は、

「クロノス時間とカイロス時間を同時に持つこと」こそ、最上の音楽家の〈条件〉であること。

だが、それは、巷間知られていない。

そのため、楽器奏者を中心に、「間違ったレッスン」が行われている。

先達が、自らが得たノウハウを後進に伝えないと、後進が先達を越えることはできない。「自ら体験して、覚えろ」と「教えない」のは、意地
悪なばかりか、非効率。


今では、スキージャンプで、V字ジャンプをしない人はいない。
若い人は、スキー板をそろえるのか、V字にするのかに「悩まず」、効果的なフォームで、最大不倒距離に挑む。
だが、音楽では、未だに〈奥義〉が暗黙知になっていて、若い人は「効率的なレッスン」ができない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0