2018年05月13日

データベースには〈断片化〉が重要。(君は海を見たか)


倉本聰・シナリオの「前略おふくろ様」を観てきた。

第一シリーズ、第二シリーズを続けてだから、50本ほどを毎週月曜日に観た。
録画予約をそのままにしていたら、録画されたのは、「君は海を見たか」。シナリオは同じく、倉本聰である。


物語は、仕事人間の父親(建設会社)の息子が不治の病になり、「海を見せていなかった」ことに気づいて煩悶する。
少年の不治の病が物語の主軸になるドラマなんて見たくもない。
そう感じた私は、オンエア当時見ていない。


ワーカーホリックな父親はショーケンこと、萩原健一。
妹が伊藤欄。
少年の母は亡くなっており、継母になる女性が関根恵子(現姓・高橋)。ショーケンの上司に、梅宮辰夫がいたり、田中邦衛が出演していたり、豪華映画俳優が多く出演していた。
演出は「北の国から」の杉田氏。
制作はフジテレビである。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0