2018年05月17日

娘に、わたしの「子育て論」を否定される。


曰く、「私がどう感じたか」を理解していない。と。

私は、「それはお前のこと(親が関知する問題ではない)」と撥ね付けた。


娘の辛さを理解しないのではない。分かっているからこそ、(辛いから、みんなが嫌がって、やらないので、勝算がある。)「挑戦すべき」と「場」を与えてきたつもり。

すべからく、「みんながやりたい」と思う事柄は、「競争率」が高いので、「勝ち残る可能性は低い」。



そもそも、私は娘 で「自己実現しよう」とは思っていない。

機会を求めて出ていき、運命を切り開く。その時、摩擦や反発は当然のこと。それにひるまないことが大切。

「やるべき価値」と「心理的な負担」は別物であって、「心理的な負担」に寄り添うと、決断できない。
「感情のレベル」で、私は娘と接したくはない。


私の座右の銘は、「招かれざる客の存在の孤独に耐えること」。

マッキンゼーの理論では、「アンカンファタブルゾーンにいないと成長はない」とのこと。
人間も、企業も同じだろう。
続きを読む
posted by sponta at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キムタク擁護論。(なぜ、木村拓哉主演ドラマは、視聴率が高いのか)


SMAP解散に関連して、「キムタク・バッシング」が高まった。
だが、解散後にオンエアされたTBSドラマの視聴率は申し分ないものだった。

私はその理由を次のように指摘する。

【ことの本質】

・キムタク主演ドラマは、「超目標」が明確である。

・キムタク主演ドラマは、「固定客」が多数存在する。


続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

奇跡のショット

コンラートローレンツの「刷り込み理論」と、チョムスキーの「生成文法」を合体させ、「生成承認フレーム」という新概念を構想しているが、こんな写真をかつて撮影していたことを思い出した。

kamo_03.jpg

小学生が稲作体験をする近所の公園の夕方。
カルガモの隊列を娘が追うのを見て、急いで撮影ポジションに動いたのを覚えている。

その後の私の研究という意味でも、まさに奇跡の一枚。
続きを読む
posted by sponta at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TOKIO 山口達也氏に思う。アルコール依存症。


知人が、山口氏と同じ病気だった。

経済的に恵まれていた知人は、私の9歳年上だが、40歳頃に、アルコール依存症で入院。罹患者の大部分が10年以内に亡くなるという統計のなか、20年以上を生きた。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ナッツ姫・水かけ姫の「(歪んだ)承認要求内容」。



アドラーの「承認要求」説と、チョムスキーの「生成文法」を合体させた「生成・承認要求フレーム」を構想した。

それは、

誕生後の「初期入力値」。

その後の「バージョンアップ入力値」で構成される。(spontaのオリジナル理論)

※ アドラーの心理学では、人間の環境認識は「人間関係」が基本であり、その中でも『他人(特に親)に「承認されること」が重要である』と説く。

※ チョムスキーは、人間は誕生後に「言語を習得する」のではなく、誕生前に、言語の基本構造(主語・述語・目的語のフレーム)である「生成文法」を持っていると説く。

※ spontaの「生成承認欲求」説は、コンラート・ローレンツの「刷り込み」理論にヒントを得ている。
「刷り込み」が行われるのは、「刷り込み」の媒体(フレーム)が、「誕生前から存在している(生得的)」からであろう。
でなければ、「動いているボール」を「親と誤認する」などありえない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

このブログでは〈本質〉を書く。

数学者の岡潔は、日本文化の特徴として「真如」をとりあげた。

「真如」とは、「(量を誇る)知識」ではなく、「短い言葉で真髄を表現すること」である。「真如」では分かりにくいので、spontaは〈本質〉と言い換えることにする。

※ 岡氏はその他、日本文化の特徴として、「(競争心ではなく)向上心」、「(感情ではなく)真情」をあげている。
※ 真情とは、「人間と環境・自然がともに喜ぶこと」。


最近、「現代思想」のムック本を読んでいるが、人類学では、中央アメリカ原住民の叡智に注目している。

中央アメリカ原住民の文化は、日本民族と同じ「自給自足系」であり、西洋文明の「寄生系・自然征服系」に対照する。
もっとも、「自給自足系文化」は縄文文化であり、日本民族のもうひとつのルーツ「弥生系」は「寄生系・自然征服系」である。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

データベースには〈断片化〉が重要。(君は海を見たか)


倉本聰・シナリオの「前略おふくろ様」を観てきた。

第一シリーズ、第二シリーズを続けてだから、50本ほどを毎週月曜日に観た。
録画予約をそのままにしていたら、録画されたのは、「君は海を見たか」。シナリオは同じく、倉本聰である。


物語は、仕事人間の父親(建設会社)の息子が不治の病になり、「海を見せていなかった」ことに気づいて煩悶する。
少年の不治の病が物語の主軸になるドラマなんて見たくもない。
そう感じた私は、オンエア当時見ていない。


ワーカーホリックな父親はショーケンこと、萩原健一。
妹が伊藤欄。
少年の母は亡くなっており、継母になる女性が関根恵子(現姓・高橋)。ショーケンの上司に、梅宮辰夫がいたり、田中邦衛が出演していたり、豪華映画俳優が多く出演していた。
演出は「北の国から」の杉田氏。
制作はフジテレビである。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

「くぱぁ」ってオノマトペなんだって。(猥談)


オノマトペって、擬声語、擬態語とのこと。

エロ系のジャーゴン(専門用語)だが、女性器が「口を開けた」時の擬声語。

というか、そんな音がするはずもないから、擬態語である。


なんともビミョーな表現だが、なんだか納得する。
日本人の感覚って、不思議。
posted by sponta at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

明るく、元気に、一生懸命。


娘と会社のコミュニケーションの話をしていて、「企業の意志決定論」についてアドバイスしていた時の、娘の答えが上記。

「明るく、元気に、一生懸命」。

昭和の爆笑王・林家三平が息子のこぶ平(現在の林家正蔵)に残した遺言である。


※ ネットには、元・こぶ平が長男なのに三平を継がなかったのは、彼が「外に出来た子」だったという噂がある。西田ひかる嬢の「最初の相手」がこぶ平だったという話も・・・。

※ ネットの噂として心に残るは、元巨人軍の満塁男・駒田選手の「とりあえず、お疲れ」。
−−−「できちゃった婚」をした彼が出産に立ち会ったら、出てきたのは「黒人とのハーフ」。真偽は−−−?


娘へのアドバイスは、「社内のコミュニケーションに支障」をきたすなら、「会社の意志決定に参加するな」。


遺言といえば、

難病を抱えた落語家(春風亭柳朝)の弟子が、「遺言を言われるかもしれない」とビクビクしていた時にタクシーの中で言われた一言。

「茄子はおいしいね」。

このハズし具合が笑いのネタ。−−−案外、これが遺言かもしれぬ。
posted by sponta at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

「前略おふくろ様」のモチーフは妥当なのか・・・。 (その3)


萩原健一が演じる片島三郎青年は、田中絹代演じるおふくろ様の「輝いていた青春」を知らないことに「原罪(ぬぐい去ることのできない引け目)」を感じている。

「しわくちゃのおばあさん」としてのおふくろ様しか知らない自分は、「憐憫したり・見下す」ばかりで、母親に対して、「あこがれたり・見上げたり」しないと、自問自答。

−−−そして、反省する。

だからといって、田中絹代の若かりし日の映像が流されるのではない。映し出されるのは、蔵王のスキー場の食堂の厨房で割烹着を着て働く姿のみ。

一度、東京に来て、「オニオングラタンスープってもんが食べたい」。ただそれだけ。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

昭和の傑作ドラマ「前略おふくろ様」を分析する。 (その2)


印象批評しても意味がないので、「形式批評」する。

※ 形式批評: 評価基準を明確にして批評すること。モダニズムの時代は、「主観による、思索批評・印象批評」が尊ばれたが、表象論的には「形式批評」が求めれる。

※ 表象論:「作品が提示しているもの(表象)」と「鑑賞者由来のもの」を分けて考察する姿勢。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

昭和の傑作ドラマ「前略おふくろ様」を分析する。 (その1)

専門的な議論ですので、ご興味がない方は、スルーしてください。

・今のドラマが「何を失っているのか」。

・日本の「ドラマの伝統」は何か。

・どうすれば「日本のドラマ」は、もっと面白くなるのか。

を知りたい人は、この考察を読んでほしい。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

工藤監督(ソフトバンク)のポストモダン戦略。


・モダン(主観・絶対主義)。

・ポストモダン(客観・相対主義)。


TBSの番組「バースディー」で、ソフトバンク・ホークスの工藤監督のドキュメンタリーをやっていた。

彼の戦略は、

・選手の「コンディション」や「指導法・指導実績」をコーチ・スタッフの間で〈共有〉すること。


これは「ポストモダン」の手法である。

番組では明確に言語化されなかったが、工藤監督が〈共有〉したいと思ったのは、


× 「結果」の〈共有〉
○ 「技法」の〈共有〉により、「評価法」の〈標準化〉を経た上での、〈評価結果の共有〉

である。


つまり、工藤監督は、「俺の考え」で「チームを統一したい」とは思っていない。
「みんな(集合知)で、チームの『本当の姿』と『理想の姿』を追求しよう」。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

NHK「奇跡のレッスン」吹奏楽編を見た、中高生の吹奏楽部員に。 (その2)


「知識」は情報量を誇るが、「本質」は短い言葉で表現される。
悪人正機説(法典を勉強した僧しか極楽往生できないのはおかしい。それでは、働くことがない人ばかりの世の中になる。仕事に生きた人も極楽往生できる)で言えば、「知識を誇る人」は銀。「本質」を短い言葉で表現することが金である。


【音楽のアナリーゼの本質】

・「継続要素」と「異要素」の定着。

※ 継続要素は「調和的・さりげなく」に、異要素は「印象的(意図的・わざとらしく)」に表現する。
・メロディーの解釈は、「メロディーの構成音」と、それをつなぐ「経過音」&「刺繍音」に分類される。構成音が〈主〉、経過音・刺繍音は〈従〉として表現されるべき。


たとえば、「ツアラツーストラはこう語った」(リヒャルト・シュトラウス)の冒頭。

1度5度1度のメロディーは、調(主音)を現しているから、「継続的」。
その後の3度2度は、調性(長短)を現しているから、「印象的」な表現となる。


音楽は「純粋」であるべき。「意味」を表現するのは堕落という考えがある。

たとえば、ベルリオーズ「幻想交響曲」の終楽章は、コンシェルジュリーの牢獄から引き出され、パリの街を引き回され、コンコルド広場でギロチンで処刑されるまでが、音楽として描かれる。
・・・だが、それを知ってしまうと「陳腐に聞こえる」。

私が結論するのは、「音楽が表現すべき」は、「(意味ではなく)意志」である。


娘は日野バンドのドラマーに、君の演奏は「何かをやりたい」感じがするとの講評を得たが、それは、最大限の讃辞である。
その「何か」が明確な演奏は、ベルリオーズの楽曲のように「説明的」。





アナリーゼにおいて重要なことは、「音楽でアフォーダンスすること」である。
※ アフォーダンス:何かを感じさせること。

そのために演奏家は、楽譜に込められた「(作曲家の)意図」を察知して、演奏に盛り込む。
つまりはアナリーゼ。「譜面通りに演奏する」だけではダメなのだ。


2000年。私はギャルド・リュプブリケーヌ吹奏楽団が出演する教材ビデオのディレクターをつとめたが、日本人作曲家が初演を聴いて「譜面通りに演奏しているだけ」と呟いたのを覚えている。 (同行、音楽監修者は、真島俊夫氏)

世界一の楽団でも、そんなもの・・・。


ちなみに、日本でよく演奏される「リシルド序曲」は、ギャルドの楽長の作曲だが、楽団で「その存在は忘れ去られていた」。
重層な和音の響きが、日本人に好まれたのであって、フランス人には「やぼったく」感じられたに違いない。

我が吹奏楽部顧問(松本先生)は「全国大会出場」を目指して、「隠し味」と称し、別パートを加えた演奏をした。(たとえば、ホルンのパートを、ユーフォニウムにも演奏させるとか・・・)

だが、そういう行為は「軽やかさ」を減じる。ギャルドの指揮者は、「やってはいけない」とインタビューで発言したのは印象的。

この番組のマーク氏も、(インフルエンザで欠席者がでたので仕方なく)松本先生と同じことをやっている。


高校時代の恩師の発言が、世界一の楽団の指揮者に否定されるとは、強烈な体験である。

当時、N響のチューバ奏者や東京芸大の先生を臨時講師に迎えてリハーサルをしていたから、先生の指導方針は「当時の日本の音楽教育の最先端だった」はず。

晩年、そのことを先生に伝えようとも思ったが、先生の周辺の「信者の卒業生」たちを思えば、先生に接触することは不可能であった。

※ 先生の逝去のウェブニュース。

続きを読む
posted by sponta at 09:34| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK「奇跡のレッスン」吹奏楽編は、管楽器奏者をダメにする。 (その1)


【間違いの要点】

・「テンポルバート(メトロノームを無視した演奏)」だと、共演者に迷惑をかけるし、音大にも合格できない。

※ 「グルーヴ」なら、メトロノームと競演しても「情趣豊か」な演奏が可能。


・共演者の「音を聴きながら」演奏すると、「聴いた分だけ、遅れる」。

※ 聴くのは「音程だけ」。音のタイミング(拍・パルス)は「同期」する感じ。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

世界最高峰の指導者がやってきて、日本の若い人たちにレッスンするのが、この番組。

今回のテーマは、吹奏楽−−−。

中高生の吹奏楽部員が「全国大会出場」「プロの音楽家」「音大受験」を目指しているなら、真剣に観るに違いなく、番組で「指摘されたこと」を鵜呑みにするに違いない。

だが、「間違っている」。

そこで、記事にした。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川上奈々美さん「その時にそなえて、指でひろげてました」(猥談)



エッチ系チャンネルの無料広報番組(MCは水道橋博士)を楽しく観ている。

あるセクシー女優(川上奈々美さん)は、中学〜高校にかけて、「処女であること」を恥ずかしいと思い、友人たちと「その時」にそなえて、指で拡張していたと告白する。

収録では、「(ちんこの太さを思えば)4本なんか必要ない」との突っ込みも・・・。
高校生になり、いよいよ「その時」がやってきた彼女は、初回から「痛くなかった」と。


彼女のサイト



民話のような「素朴な話」だが、今、流通できるのか・・・。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

〈形式批評〉が日本を世界を変える。


・主観主義・進化論のモダニズムの時代が終わり、

・客観主義・相対論のポストモダンの時代が来ている。

と、spontaは指摘している。


客観主義を実現する手法は、

・「集合知」ではなく、〈形式批評〉である。

続きを読む

2018年05月04日

辛口清酒・大吟醸・マッコリ・黒霧島。

私には「様々なトラウマ」があり、娘が「嫌な思い」をしないように、いろいろと教えてきた。




トラウマを開陳すれば、


中学時代の親友といってもよい友達に、「お前、センヅリを知らないのか?」と言われた。


オナニーや自慰という言葉は知っていたが、俗諺の「センヅリ(千回擦るの意味か?)」を知らないので、バカにされたのである。




高校時代。

阿部貞を知らなかったので、バカにされた。


阿部貞とは戦前の妖婦。愛人を殺害し、男根を持ち歩いたことで有名である。このようなアングラ情報を知っていることが、男子としてのタシナミ。

当時はグーグルもないし、親に聞ける話でもないので、事件の真相を知ったのは数年後のことである。




高校の部活では、先輩から「グリーも知らないの?」と呆れられた。グリーは男声合唱を意味していた。だから、私には、女子グループの Little Gree Monster は意味がわからない。




大太鼓のことを、グランカッサと娘に教えたこともある。


愚劣なことだが、単語を知る・知らないで、人を軽蔑する輩は多い・・・。

というか、何故か、私はそれがトラウマになる性質。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

佐藤忠男氏、および、日本映画大学批判。


ラジオを聴いていたら、映画評論家の佐藤忠男氏がゲストとして出演していた。


今村昌平の映画学校の時代。私は彼の講義を聴いていた。


彼の講義に対して、異議や不満があるというのではない。とはいえ、彼が「学生にとって有益な講義」をしていたのかといえば、疑問である。




文化勲章をもらった岡潔氏が指摘する日本文化の特徴は以下の3つである。




・(競争心ではなく)向上心。

・(感情ではなく)心情。心情とは「人の心と自然のよろこび」。

・(知識の量を誇る知性ではなく)真如。真如とは「短い言葉で理解できること」。




岡氏は、「知性とは、知識の量を誇ること」と看破している。


「理解すること」が、相手が理解できるレベルに合わせて「多様なアウトプットができること」とするなら、「知識の量」に価値はない。

「理解すること」は、「記憶できること」にほぼ等しいから、「量が多いこと」は弊害でしかない。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ドラマ・映画・演技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

「音楽の暗黙知」〈タイム感〉

NHK-FM「きらくら(気楽にクラシック)」への投稿メッセージ案。



ピアニストの園田高弘は、小澤征爾の師匠・斉藤秀雄のチェロを「教育者としては素晴らしいのかもしれないが、やりにくかった」と回想していた。

2009年、私はアメリカ帰りのドラマーから〈タイム感〉を知る。

〈タイム感〉とは「音だしのタイミングとは別に」メトロノームの感覚を持つこと。音楽家は「クロノス時間(メトロノーム時間)」と「カイロス時間(主観的な時間)」のふたつを同時に持たなければならない。

これができなかったのが斉藤秀雄であり、小澤征爾。
〈タイム感〉は、プロのミュージシャンの暗黙知になっている。だから、N響楽団員による小沢征爾ボイコット事件が起きたのだろう。

メトロノームに合わせると無味乾燥な演奏になると思う人が多い。
だが、ギターデュオ、デパペペのメトロノームとの共演を聴けば、「エモーショナル」な演奏が可能なことが理解できる。

デパペペの演奏をリクエストしたい。

(381字)
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0