2018年04月30日

大谷家の教育方針は、「決断は本人に委ねる」。


だという。

以下は、引用。


大谷は1994年、岩手県に生まれた。地元の花巻東高校に入学した15才の頃から8年以上にわたって彼を取材してきたスポーツライターの佐々木亨氏が言う。

「メジャーリーガーになった今でも、大谷選手の考え方や野球に取り組む姿勢は初めて会った15才の頃から変わっていない。純粋に野球が大好きで仕方ない、まっすぐで素直な少年のままです」

大谷の「まっすぐで素直な心」を育んだのは、社会人野球で活躍した父と、バドミントンで国体出場した母だ。

「大谷家の教育方針は、“決断は本人に委ねる”というものでした。

実際、幼稚園から続けていた水泳を小学5年生でやめて、野球一本に絞ったのも本人の決断です。親が口を出さずに子供の考えを尊重することで、大谷選手の“考える力”が養われました」(佐々木亨氏)

※女性セブン2018年5月10・17日号



問題は、「本人の意思」が何によって、形成されるかどうかである。
続きを読む

大谷翔平君を「自己肯定感フレーム」で考察する。



人格は、〈承認者〉と〈承認項目〉の妥当性によって決定する。

〈承認者〉とは大概の場合、両親。

〈承認項目〉とは、「(親の生き方を通じて表現される)親が子を認める要素」。それは、家訓や家業が大きく影響する。
・・・親が言っていることと、やっていることが矛盾していたり、親が言うことが実現不可能だったり、社会の常識と異なっていると「子」は混乱する。
続きを読む
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0