2018年04月30日

大谷家の教育方針は、「決断は本人に委ねる」。


だという。

以下は、引用。


大谷は1994年、岩手県に生まれた。地元の花巻東高校に入学した15才の頃から8年以上にわたって彼を取材してきたスポーツライターの佐々木亨氏が言う。

「メジャーリーガーになった今でも、大谷選手の考え方や野球に取り組む姿勢は初めて会った15才の頃から変わっていない。純粋に野球が大好きで仕方ない、まっすぐで素直な少年のままです」

大谷の「まっすぐで素直な心」を育んだのは、社会人野球で活躍した父と、バドミントンで国体出場した母だ。

「大谷家の教育方針は、“決断は本人に委ねる”というものでした。

実際、幼稚園から続けていた水泳を小学5年生でやめて、野球一本に絞ったのも本人の決断です。親が口を出さずに子供の考えを尊重することで、大谷選手の“考える力”が養われました」(佐々木亨氏)

※女性セブン2018年5月10・17日号



問題は、「本人の意思」が何によって、形成されるかどうかである。
続きを読む

大谷翔平君を「自己肯定感フレーム」で考察する。



人格は、〈承認者〉と〈承認項目〉の妥当性によって決定する。

〈承認者〉とは大概の場合、両親。

〈承認項目〉とは、「(親の生き方を通じて表現される)親が子を認める要素」。それは、家訓や家業が大きく影響する。
・・・親が言っていることと、やっていることが矛盾していたり、親が言うことが実現不可能だったり、社会の常識と異なっていると「子」は混乱する。
続きを読む

2018年04月29日

部屋に入るなり、わいせつな言葉。


山口君が、そういったというのだが、

「いらっしゃいま○こ」

とか、

「おかえりち○こ」

なんてことなのだろうか。


私は、映画学校のときに、ピンク映画の車両部のアルバイトをした時に、
監督やスタッフたちが、「お○んこ」を連発するので、傷ついてしまったから。

案外、地方出身者のほうが、傷つかない。



そんなことはばからしい。そこで、我が家の日常として、

「おかえりま○こ」

などと話していた。


その効果として、

大学に入った娘の先輩が、「ま○こ」を連発するおんなの先輩がいて、醜悪だと思った。とか。

わが娘は、「ま○こ」を言うとか、言わないとか、「無頼を気取った」などという感性とは無縁である。

ま、早めの予防接種。

そんな感じ。


posted by sponta at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親は「否定すること」に、最大限の注意を払わなければならない。

「生成自己肯定感フレーム」について考察している。

人間は〈生得的〉に、承認者と承認項目というフレームがあり、それを満たすことで、人間は「情緒の安定」を得て、「自殺願望」を回避する。それが〈自己肯定〉感の確立である。
続きを読む

2018年04月28日

西部邁氏・中沢新一氏は、糞である。


40年ほど前だろうか・・・。
中沢新一氏を東大教授に迎い入れることに反対された西部邁氏は東大教授を辞任する。

当時の私は、東大のアカデミズムに反旗を翻した「英雄的」行為と認識したのを覚えている。



この後、中沢氏は「オウム真理教の養護をしたが、一切の自己批判をしない」ので、「(私にとっての)ヒーロー失格」になった




※ オウム真理教は「雑密」でしかなく「本密」ではない。先端の人類学で「モダニズムが相対化された時代」において、中沢氏は、オウム真理教にシガミツいたのだろうが、自己の学説を相対化せず、「難解な用語」で周囲を煙に巻く。

私は、「要約できぬテキストを紡ぐ人は、卑怯者」と看破し、松岡正剛氏を批判しているが、中沢氏も同様である。


※ 「雑密」は邪宗であり、「本密」は正統だが、その別は「体系化されているかどうか」にある。中国に赴いた最澄は「密教を学んできた」が、それが雑密であると察知し、空海が日本にもたらした「本密」を学んだ。国家派遣の留学僧が「誇りが傷つく」のも省みず、市井の僧に学んだのはすばらしいこと。




西部邁氏は、MXテレビで「旧制高校的な教養」を言説する。そんな彼を私は「昔ながら・・・」と唾棄していた。

自分のアイデンティティーである「東大に連なる教養」を相対化できぬ「ステークホルダー(自己都合)な個」である。


そんな彼が、周囲の人(弟子筋)を巻き込んで、自殺する。
自殺幇助で罪に問われることを容認するなど、「人として最低」である。

自殺の方法など、腐る程ある。

「自殺幇助をしなければならない方法」を彼が選んだのなら、彼は、自殺において、だけではなく、「生きていることすべて」において「幇助」が必要な人だったに違いない。

そんな彼が、「東大卒を錦の御旗にして」、偉そうに処世していた。

彼の学生運動時代からの友人の部下として仕事をしていた時期がある。
彼は、西部から新著が送られてきたのを数時間で読んで感想を述べたが、本人からちゃんと読めとクレームを言われた嘆いた。曰く、「あいつの書くことなど、分かっている」。



東大卒な人の大部分は、東大が「西洋洗脳のツール」なことを自覚しない。

だが、西洋洗脳が妥当性を持っていたモダニズムの時代は終わったのである。




つか、西洋洗脳の本質の一つである「自殺の禁」を西部氏はどうやって回避したのか。

理解不能である。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

広島に原爆落ちろ。野生スズメを飼ってはダメ。批判批判。

プロ野球の相手チームのファンが、「広島に原爆が落ちろ」と発言した動画をウェブにアップして、批判されている。

タレントのモト冬樹氏が、傷ついたスズメの雛を助け、回復した後も、自宅で飼っている様子を動画にしてアップし、野生動物の飼育を禁じた法令に違反すると批判されている。



マスコミは、「悲惨な広島の経験・歴史」を考慮しない野球ファンを批判している。

しかし、問題はここではない。
悪しきは、「SNSでの発言が、公式メディアのように扱われている」こと。

SNSは非公式メディアであって、ここでも「言葉狩り」が行われるなら、日本は「不健全な情報空間」になる。



まずいのは、
SNSを使って、発信者が「社会的な影響力」を期待したこと。

つまり、野球ファンは「動画をアップ」しなければよかったし、モト冬樹氏も「動画をアップ」しなければよかった。



社会には、「やってよいこと」と「やってはいけないこと」がある。
だが、それを厳格に適用すると、「生きにくい世の中」になってしまう。

売春がダメだがソープランドがあり、ギャンブルはダメだがパチンコ屋がある。それは、日本社会の「柔軟さ」の表現であって、教条主義的に否定すべきものではない。

・・・というのが、私の立場である。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新概念「生成自己肯定感フレーム」。

【前提】

今年になって、ブログのタイトルを「ポストモダン通信」に変更した。

その理由は、1990年代に、「モダン(近代化)の時代」が終わり、「ポストモダンの時代」が来ているのに、日本(&世界)のマスコミ・教育界の自己都合によって、「モダンが虚構・ねつ造だった・通史的な妥当性がない」ことが明らかにされていないことを憤ったからである。


・モダン: 主観論・進化論(人間中心主義)

・ポストモダン: 客観論・相対論・メタ論(自然人間共生論)


とはいえ、いつか「モダンの時代は終わった」と気づく時が来るはずであり、その時、「(円滑に)次の時代に移行できる」ための情報を提出するのが、このブログの目的である。
続きを読む

2018年04月25日

大谷翔平選手の奇跡。

といっても、MLBの活躍のことではない。「子育て」や「指導」「評価」に関する奇跡である。



彼の成功を見て、「自分のこどもも・・・」と夢想する親も多いだろう。だが、現実は甘くない。
というか、

「子の持っているリソース」と「親の持っているリソース」によって、子が「成功できる分野」は限定される。




それが現実。続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

「見えているもの」は、主観に過ぎない。

見えているものは、事実であり、客観的と、考えてきたと思う。


だが、人類学のパースペクティズムによれば、主観的であり、普遍的な真実ではないという。


・近いものが、大きく見える。


・遠いものは、小さく見える。


当然のことだが、自分に近いものが重要と考えるのは、「傲慢」であり、「普遍性」を持たないことは、納得できる。




3・11を経験して東京に戻った漫才師・サンドイッチマンが、六本木でカラオケ店の呼び込みに誘われ、違和感を感じたという。


呼び込みにとっては、何万人が被災し、何千人が命を落とそうとも、目の前の仕事が重要。


−−−これこそが、パースペクティズム的な現象である。




パースペクトとは遠近法。

近代になるまで、日本の絵画には遠近法がなかったのを、私は不思議に思っていたが、パースペクティズム批判を知ると納得する。

大和絵の俯瞰的な構図や、洛中洛外図、山水画にしても、遠近法てはない。

それらは、「個人の視覚」の再現ではなく、「普遍の表現」だったり、「民衆の記憶」なのかもしれない。

パースペクティズム批判を知れば、大和絵は「前近代な技法」ではなく、「普遍を描こう」とする技法ということになる。




結局のところ、遠近法は、近代主観主義(モダニズム)の思潮のひとつであって、全史的な普遍性を持つかどうかは疑わしい。


最新の人類学では、科学・近代の諸制度は相対化されると説かれている。


カメラのレンズで描写されるのは、当然のように遠近法だが、レンズの選択によって、さまざまに変化する。写真といえども、主観性と無縁ではない。

2018年04月23日

嘘をつかない。弱い者を助ける。薩摩の教育の是非。

NHKのドラマ「西郷どん」に関連した情報が多く流通している。

先日も、テレビタレントが、鹿児島を訪れ、当地の若者たちの教育(郷中教育)について、レポートしていた。

先輩から後輩に、

・嘘をつかない。

・弱いものいじめをしない。

などを徹底的に教え込まれるのだとか。



※ 郷中教育

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B7%E4%B8%AD
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

ナイツ・塙さんへ。「怪優」を目指せ。

ドラマ出演の塙さんの演技の評判が悪く、本人が落胆していたので、TBSのサイトに投稿した。


続きを読む
posted by sponta at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷すばる君へのアドバイス。



娘とメールのやりとりをした。


Q: 「人気」と「お金」がある人が何が欲しいと思うか?

A: 欲しいのは、「時間」と「芸術としての評価」。


娘は納得した。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

渋谷すばる君の会見で語られなかった内容。



「関ジャニ∞」の渋谷すばる君がグループを脱退し、事務所も辞めるという会見を行った。


会見場には、(病欠のメンバーを除く)メンバー全員が集合し、メンバーの絆・結束が確認できた。


すばる君の発言では、「自分の責任」で「自分の音楽」をやりたいとのことだが、真相はどうだろう・・・。


私は、コントグループ「東京03」のネタを思い出した。






続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

新語作成、「生成承認欲求」。

貴乃花親方は「生まれ変わっても、相撲をやりますか?」の問い、「家業をやります」と答えている。



オリンピック選手の活躍を見ていると、幼少期に選手生活を始めることが条件と思えてくる。

北海道北見市常呂町のカーリング娘の藤沢五月選手は5歳で選手生活を始めている。(父は、長野五輪出場を目指していた)

卓球女子のイトウミマさんや、ヒラノミユさん、イシカワカスミさん、勿論、フクハラアイさんも、親が卓球選手であり、物心がつくかつかないかの頃から、家族そろって卓球に取り組んでいる。

チョレイの張本選手も両親も、中国の卓球選手である。



先日、メジャーリーグに挑戦している大谷選手の特集を見たが、スタジオにはバトミントンの元日本ナンバーワンで現在はニュース番組のキャスターをやっている陣内貴美子嬢が、合宿で大谷選手のお母さんと一緒だったことがあると明かしていた。
キャスターの出身地は九州。大谷選手の母は神奈川。大谷選手のお母さんは「全国決勝レベル」のバトミントンの選手だった。父は、社会人野球・三菱重工横浜の選手。
続きを読む

2018年04月19日

卒意−−−。藤井少年棋士の初手は「お茶」。

先日、師匠との初めての公式戦があり、少年は当然のごとく勝利した。

勝負の後、「わざと負けた」と思われぬために、言葉を選んでいたが、師匠の本音は「弟子の出世」の妨げになってはならぬ。続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

若林史江様: 「英語耳」よりも大切なこと。


若林さんの「子育て」に関する悩み方が、かつての自分と似ているので、アドバイスしたくなった。




娘は社会人2年生になり、「子育て」の私なりの結論が出ている。


現在の「子育て」に関する情報は「人間は考える葦である」という「思索」中心主義がほとんど。無闇に従うと理不尽な思いをする。


私が最初に疑問に思ったのは、


・怒るな。叱れ。


これを信じている人が多いが、間違い。


・親は教師ではなく、子の「承認者」。

※ 承認者とは、アドラーの心理学におこる「承認欲求」による。


したがって、「叱る」のは喜怒哀楽がなく、人間味がない。親は、愛情を持って、子に、自分の喜怒哀楽を見せるのが望ましい。


ロッテンマイヤーさんに、なってはならぬ。




ブロガーのsponta中村です。


こんな記事をブログに挙げました。
続きを読む
posted by sponta at 16:21| 東京 ☔| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「刷り込み理論」と「承認欲求」。

鳥は、初めて見た「動くもの」を「親」と認識する。
たとえボールであっても・・・。

というのは、動物行動学の学者・コンラート・ローレンツの実験であり、私も、実験の映像を見たことがある。続きを読む

2018年04月17日

我が家には、「おふくろの味」はない。


娘は友人に「我が家には、おふくろの味はない」と断言する。

娘の(妻が作った)お弁当や、差し入れを食べたことのある友人は納得する。
「卵焼き」ひとつ。「野菜炒め」ひとつも、まったく異なる。

たとえるなら、「料亭の味」である。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

浅草「天ぷらのうまい店・まさる」。または、プロは「味見しない」。

結婚する前。20年以上前の話。

フジテレビの番組の取材で行ったが、没になった。
急遽現場に現れたのは、当時無名の女芸人・磯野きり子嬢だったのを覚えている。笑いの要素がまったくない現場だったので、店の前で「こけて」みせたのを覚えている。

没になったのが申し訳なかったので、仕事とは別に、結婚前の妻を伴った店を訪れた。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。(子育て論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

「きらくら(気楽にクラシック)」で名前を読まれる。

NHK-FMの音楽番組にメールを投稿したら、番組の最後に名前を読み上げられた。
深夜放送を聴いていた高校生以来のことでビックリしたが、正直うれしかった。



投稿内容は、オープニングに使われている「子犬のワルツ」の冒頭がタイムを乱しているという指摘。ネガティブな表現なので、番組内で読まれることを望んでの投稿ではない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0