2017年09月18日

プロに憧れる吹奏楽部の若者たちに。

全国の吹奏楽部で楽器をやっていて、プロを目指している人・音大受験を控えている人に、公開メール。

////////////////////////////////////////////////////////////////

管楽器奏者は、山田和樹氏の言葉に従ってはならぬ。


////////////////////////////////////////////////////////////////


東京芸大を卒業し、ブザンソン国際指揮コンクールで優勝した人が、民間放送唯一のクラッシック音楽番組「題名のない音楽会」で発言すれば、全国の中高生は信じてしまう。

だが、山田氏の「インテンポはすべての音楽に存在しない」という発言は間違っている。


山田氏の理論が間違っているのは、「月刊ピアノ」の付録CDのピアノ演奏を聴けば分かる。というか、〈タイム感〉のないあのCDの演奏を聴いて興ざめしない人は、私の理論を理解できない。

私の形容では、テンポルバートとは「糸の切れた凧」である。
テンポルバートが成立するのは、ソロ、またはデュオ。指揮者のみ。
したがって、一般の楽器奏者は、クロノス時間とカイロス時間という二つの時間感覚を独立して持つことを目指さなければならない。
さらにいうと、これができなければ、プロになることをあきらめるべきだと、私は断言したい。

ドラムセットで、脚・手が独立したリズムを叩けるか・・・。
それで、自分に〈タイム感〉の素養が分かるはず。早期に自分の才能を確認できていれば、人生を無駄にすることはない。続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0