2017年09月12日

日野皓正氏の体罰疑惑に関するまとめ。

社会的な注目度を集めていることと、娘が社会人になったことをキッカケに、Dream Jazz Bandの音楽活動の背景について、具体的に述べた。

私は2009年、娘のDream Jazz Bandの加入によって、間接的に日野皓正氏の音楽に触れることになる。

その結果、私が高校時代(1974〜1976年度)、高校の吹奏楽部の恩師・松本成二先生の音楽理論 (音楽はすべて一拍子)を否定することになった。

松本先生の音楽理論は昭和の理論。
日本芸術の伝統である「間」の概念を発展したものであり、西洋文化の伝統である「反復と差異」とは相いれない。

昭和の代表的な指揮者である小沢征爾氏も日本的な「間」の芸術家。松本先生の側の芸術家であり、「反復の中で微妙な差異を発生させ、深い芸術的境地を発生させる」西洋音楽の奥義とは相いれない。


今回、私が公開した〈タイム感〉〈ハーモニー感〉は、本邦初の情報といっても過言ではない。あらためて、教えて頂いた田中徳祟先生(Drums)、グレースマーヤ先生(Vocal)に感謝する。 



続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0