2017年08月08日

三谷幸喜作品を形式批評する。

形式批評とは、評価基準にしたがって、評価することである。
批評では思索批評が最良といわれるが、それは批評家の〈主観〉を誇ることである。

一方、評価では〈客観性〉が重要であり、そのために形式批評が最適である。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0