2017年01月19日

プロレタリア芸術を知らない人たちへ。



ベルリンの壁崩壊、ソ連の解体によって、いつの間にか無くなってしまったプロレタリア芸術。

共産主義を理想とする洗脳を通じて日本の国体を混乱・崩壊させようとした陰謀を、インテリたちが見破ることができず、芸術が洗脳ツールとして利用されたことは痛恨事であった。

学校の先生たちやマスコミ関係者などには、いまだに、その事実を認識できない人たちがいるものだから困ってしまう。


貧富の差を強調し、階級闘争を発生させ、内政を混乱させ、侵略する。それが、プロレタリア芸術の本懐である。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0