2016年05月13日

演出家・蜷川幸雄氏、逝く。

演出家というと、何か奇抜なこと・特別なことをすると思っている人が多いと思うが、優秀な演出家は、「誰もが思うような、当然のこと」を、ねばり強く指摘し続ける人のことである。

ひどい言い方をすれば、宝塚歌劇団には、そういう演出家がいないから、あのようなかたちになってしまったのかもしれない…。

テレビドキュメンタリーで観た蜷川氏の稽古では、「セリフが一本調子になっている」と主演俳優に叱咤していた。続きを読む
posted by スポンタ at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0