2016年03月15日

シナリオとは…。

若い頃、溝口健二監督が新藤家兼人氏に、「これはシナリオではありません。ストーリーです」と言ったというエピソードを痛烈に憶えている。

その理由は、「シナリオとストーリーの違い」が分からなかったからである。




勉強をしていなければ、「シナリオは、演劇台本・放送台本」。「ストーリーは、小説・読み物・あらすじ」と考えてしまうだろう。



最近読んだ本によれば、厳密にいうと、「時系列に書かれたのがストーリー」。「語り口の順に書かれたのがプロット」。…と。

その延長線上で考えると、私の考えでは、

・「出来事」を淡々と記述したのが、ストーリー。(叙事的)

・「出来事」の背後にある、人間の「超目標・自律・自律」そして、関係人物たちの対立を描いたのが、シナリオ。


となる。



たとえば、

「昨日、うんこをもらした」は、ストーリーであり、「昨日、うんこをもらしたところを、友人Aに見つかってしまい、はずかしかった」はシナリオである。
(^▽^;)
posted by スポンタ at 08:11| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0