2016年02月29日

メトロノームで、エモーショナルな演奏が可能なんだ。

昨日、J:comテレビで、「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015 Winter - 東京」に出演しているDEPAPEPEを観た。

驚いたのは、「本日はゲストをお呼びしています」と呼びかけると、トレンチに乗せられたメトロノームが登場したこと。

二人のギターデュオは、四拍のメトロノームのカウントに合わせて、極めてエモーショナルな演奏を実現した。

DEPAPEPE

2002年11月徳岡慶也と三浦拓也で結成された、2人組ギターインストゥルメンタルユニット。
アコースティックギター2本で、さわやかなメロディーとアコースティックギターの柔らかな音色で心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する。
詩がないのに、唄っている様に聴こえるアコギの音色は耳なじみが良く、多種多様な所で楽曲が使用されています。
ライブ・コンサートでは、アコギ2本だけの演奏から、バンド編成までその場所に合わせて様々な感動を提供している。対照的な2人のキャラ、絶妙なトークも魅力の一つ。
2005年アルバム「Let's Go!!!」でメジャーデビュー。インストの音楽CDとしては異例の15万枚販売数を突破する。インストゥルメンタルのアーティストのデビュー作品としては、日本音楽史上初のオリコンベスト10内7位にランクインした。
第20回日本ゴールドディスク大賞にて、ニューアーティスト・オブザイヤーとインストゥルメンタル・アルバムオブザイヤーの二冠に輝く。
翌年もインストゥルメンタル・アルバムオブザイヤー等、各賞を受賞。日本国内であらゆるライブ活動を展開し続けている。
そして国内だけにとどまらず、海外でも人気の高いDEPAPEPEは、韓国、タイ、インドネシア、台湾、シンガポール等でCDをリリースをすると共に、アジア圏でも毎年ライブを行なっている。
2012年のインドネシアでのJAZZ FESではDEPAPEPEだけで15,000人以上(2日間)もの観客を動員。翌2013年にはタイでワンマンライブも開催し3000人もの動員を記録している。
「インストミュージックをポピュラーに!」を掲げ、さらに世代、国境も越えて勢力的に活動中!!

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/depapepe/bio/



「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015 Winter - 東京」や、DEPAPEPEで検索しても、動画が見当たらないので残念だが、Wikipediaの経歴を見ると、かなりのもの。
TBSのかつての音楽番組「うたばん」にも出演経験があるとか…。

こんなに凄いアーティストを知らなかったのは、ウカツである。



本格的にレッスンしたことがある人は、どんな楽器でも、ヴォーカルでも、必ずメトロノームで練習したことがあるだろう。この経験がある人は、「メトロノームに合わせる」と無味乾燥な演奏になり、芸術的ではない。と、思っているに違いない。

しかし、それは間違いであって、メトロノームと合わせても、エモーショナルな演奏は可能。
否、メトロノームと合わせてこそ、「極上にエモーショナル」な演奏が実現する。


つまり、「タイム感を無視したテンポルバートな演奏」は、本格音楽ではなく、いわば、「合成だし」でだしを追加した「ファストフード店のうどん」のようなものである。
posted by スポンタ at 07:13| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0