2015年12月29日

職能の「モジュール化」していない日本を理解しないと…。

TBSラジオに、厚切りジェイソン氏が出演していて、日本人は、「会社のブランド」で就職先を決定すると、批判していた。

しかし、この問題の原因は、「職能のモジュール化が行われていない労働界の現状」であって、日本人の浅薄さが理由ではない。


職能のモジュール化とは、職能が自立的に機能すること。モジュールとは、たとえてみれば、レゴのパーツのようなもの。職能がパーツとして確立していれば、労働者は流動的に別の会社に転職することができる。

現在、職能が自立的に機能しているのは、医師・弁護士・看護婦など少数であり、一般的に、ある会社で総務をやっていたからといって、別の会社でそのキャリアが認められることはない。
否、医者や弁護士でも、人脈がなければ、就職は難しいだろう。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0