2015年12月08日

イノベーションは薔薇色ではない。

若い人たちに、イノベーションを進める大人たちがいる。しかし…。



問題解決には、ふたつの種類がある。

1. 現状を根絶やしにするタイプ。

2. 新しい領域を創造するタイプ。


問題解決ができない理由は以下。

1. 当事者最適化・制作者最適化が行われている。

2. 問題が共有化されていない。


つまり、現場を根絶やしにし、当事者たちに最適化されている現状を、無闇に否定すると、とんでもない反発を食らう。
(^▽^;)



ならば、軽い気持ちで、「イノベーション」などと口走ると、とんでもないことになる。まずは、当事者の人達に「負けない立場」を得ることが先決だ。
posted by スポンタ at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0