2015年12月03日

お天気お姉さんが泣くのはダメだと思う。

スタッフが中継画像を間違えたのだが、それが、お天気キャスターの彼女のせいになり、泣いたと、NHKは経緯を説明したとか。

民間放送なら、「間違いを笑いに変える」ことも出来たし、と残念がるキャスター氏もいる。

しかし、私は、根本的にこの女性はダメだと思う。

というのは、スタッフはキャストを守るために仕事をし、キャストもスタッフを守るために仕事をしているから。

「自分のこと」しか見えない彼女の行動原理に、一切の妥当性はない。



「番組の内情を明かすこと」で臨場感を見せることもあるのだし…。

大学をふたつも卒業して、演劇の舞台にも立ったという彼女は、何をしてきたのか。対人関係から学ぶ必要がある。というか、すべては、手遅れである。
posted by スポンタ at 09:02| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0