2015年11月30日

タルコフスキーは観なくて良い。

世の中には、「難解」であることを売り物に、有名になっている作品が少なからず存在する。
ロシアの映画監督・タルコフスキーの作品もその一つだと思うが、先日、CSで「ノスタルジア」をやっていたので、久しぶりに観たが、「観る必要なし」と断ずる。

演出家のピーター・ブルックは、著作「何もない空間」で、「空の舞台を、俳優が歩くだけで、演劇は成立する」と説いている。
これは、形式主義的(フォルマリズム)な立場であり、ロマン主義の否定だが、「形式主義を成立するための工夫が必要なこと」に気づかなければならない。

その意味で、タルコフスキーの作品は、「(劇的)ドラマの不在」という意味では、オリジナリティーを発揮しているが、「映像そのもの」で果たして作品として成立しているのか…。といえば、私は納得しない。

つまりは、映像作家は、「ドラマの不在」をドラマチックに語る努力をしていない。

*

対照的にいうと、「コックと泥棒、その妻と愛人」の監督・ピーター・グリーナウェイは、「秩序だった無秩序」と言う形で、「無秩序」を表現している。
芸術とは、演出とは、そういうものであろう…。



ウェブの解説を読んでいたら、ロベール・ブレッソンが「授賞」を条件に、カンヌ映画祭に出品することを聞いて、タルコフスキーも同様な「申し出」をして、カンヌの運営者たちを悩ませたのだとか…。

ロベール・ブレッソン監督のスタイルはオリジナルであり、素人俳優を使うという技法を、黒澤明は「影武者」で模倣した。しかし、ブレッソンのような演出力はないから、作品は失敗に終わる。

ブレッソン監督の言葉、「演技とは巧妙な嘘である。ならば、私は下手な真実を選ぶ」は、演劇というメディアの本質を捉えている。



タルコフスキーは、ソ連のヒエラルキーで演出する権利を得たエリートでしかなく、その権限を神秘化するために「難解な作品を作った」に過ぎない。

好事家・マニアがタルコフスキーを愛でるのはいい。しかし、それだけのことと、私は断定する。

「自分が分からないこと」を過大評価してしまう。人間の悪い癖である。

タルコフスキーは見なくていい。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

テレビはプッシュ、ウェブはプル。

大学入試の面接対応として、「論理的に話せ」と娘に指導してきたが、3年を経て、彼女の論説力は格段に進歩していて、苦笑する。昨日も、数年前に教えた「テレビはプッシュ、ウェブはプル」と、突然話し出す。

*

テレビの視聴者は、情報を「押し付けられる」が、ウェブのユーザーは、情報を「自分で引っ張ってくる」という意味だ。

2006年、オーマイニュース日本版の編集長になった鳥越ジャーナリストは、それを知らないで、「女子アナの情報をウェブで見たが…」とやったものだから、品性を疑われた。
つまり、「テレビで」俗悪番組を観ても、それは、テレビ局の責任だが、「ウェブ」で俗悪情報を得たなら、視聴者の責任である。

その意味では、「嫌なら見るな」というナインティーナインに言わせたフジテレビは間違っている。テレビは、「公共放送」なのである。続きを読む
posted by スポンタ at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

「笑い」とは何か。

先日、娘の友人の学外発表を見学したら、直後に、女芸人をやっている学生のプレゼンがあったので、見た。(と、書いただけで、分かる人には、彼女だと,実名特定ができるに違いない。ということで、本人が読むことを前提に書く)



プレゼンの後、大学教員が、「面白いとはどういうことですか?」と質問すると、彼女は、「お客さんが笑ったなら、それが面白いこと」と、不確かに応えた。

私は、本気でお笑いをやっている人。それも、アカデミーに属する人が、そのような答えをするとは…。と、わが耳を疑った。

国立大学を卒業したことで知られる桂枝雀氏は、「笑いとは、緊張の緩和である」と定義した。

高松嬢のような定義では、「笑われること」と「笑わせること」の違いが分からない。ひょっとして、「笑われること」も笑いの一つである。という思想なのかとも思ったが、お嬢様芸人というブランディングとは似つかわない。



私によれば、枝雀氏の「緊張と緩和」というだけでは、「シモネタ」・「うんこねた」で笑うことができない。

私がイギリス人に一番受けたのは、「日本語はすばらしい表現力を持っている。何故なら、硬いのをウンコといい、やわらかいのをウンチと使い分けるから」というジョークである。
米原万理氏によれば、ロシア人のウンコは、犬のようなポロポロで、トイレットペイパーが必要ないというから、糞に柔らかい・硬いがあるのは、日本人の固有の事情なのかもしれない。

*

私が「笑いの構造」を追加するなら、「予定調和ではないこと」・「予想外の展開」。そして、「みずみずしい演技力(卒意力)」である。

たとえば、ナイツの「田村でもカネ。谷でもカネ。母になってもカネ」というのは、金メダルをカネと「訓読み」したことによる意外性の発見であり、笑いを生む。



高松嬢が何をしようとしているのか分からない。政治漫談といえば、コロンビア・トップ氏を思い出すが、「体制を批判することで溜飲が下がる」ような単純な時代は終わってしまった気がする。

プレゼンでは、池上彰氏を分析していたが、池上氏の存在も、「何らかの勢力」によって企てられているに違いないのに…。

posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | リアルウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

2ちゃんで20を越えるスレッドが立ったとき、「概ね好評…」。

と言った友人がいる。

娘に当時のことを解説すると、広瀬すずは、本質的な悪性を指摘されたけど、私のは「お前のかあちゃんデベソ」のような悪態ばかりだと理解した。

*

彼は、東工大卒業のIT系の才能ながら、アマチュア・オーケストラでバイオリンを演奏する。
娘の大学の学外発表会で、とあるブースに長居をしていたら、突然、背後から声をかけられた。約10年ぶりの再会である。
続きを読む
posted by スポンタ at 15:43| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

「2001年宇宙の旅」の意味。

制作者たちが、「この作品を一度観ただけで、意味が分かったら、私たちの目論見は失敗したことになる」と語っていたのを覚えている。

中学生か高校生の時に、地上波テレビでオンエアされたのを観たのが最初だと思うが、モノリスが火星で発見されるところなど、まったく意味が分からなかった。

先日、10年ぶりに会った知人に、陰謀論などに興味を持ち、最近では、「2001年宇宙の旅」の意味も分かった。と、言ったのだが、その子細を言う暇がなかったので、ここに書く。



作品冒頭のシーンは、類人猿が骨で遊んでいると、それが道具となり、宇宙ステーションにオーバーラップする。
このシーンが、人類の起源から、現在までを表現しているのは明らかである。

このシーンの意味で見逃してしまうのは、類人猿の周りを家畜のような哺乳動物がうろうろしていることである。
このような不要なものを削ぎ落としたようなシーンで、余計なものが描かれることはない。

では、何故、道具(武器)と家畜が描かれたのか…。


*

答えは、「(武器・家畜に象徴される)パラサイト系のスピリットの地球降臨(受肉)」を描いたということ。
実は、その前に「自給自足系のスピリットの地球降臨(受肉)」があった。
…それこそが、地球の歴史の本質である。



パラサイト系の文明が弥生文化であり、自給自足系の文明が縄文文化。

陰謀論は勿論、世界歴史も、パラサイト系のスピリットの存在が起点である。
posted by スポンタ at 18:21| 東京 🌁| Comment(0) | リアルウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月21日

娘とミュージカル鑑賞をする。

我が家で一番の可処分所得がある娘にオゴラレテ、ミュージカル「プリンス・オブ・ブロードウェイ」を観た。



キッカケは、深夜テレビを観ていたら特集をやっていて、「当日券があります」と連呼していたから。
予約する段、娘は「パパと一緒にニューヨークにミュージカルを見に行くことは多分ないだろうし、それを考えれば安い」と、嬉しいような悲しいような発言。

*

ブロードウェイミュージカル、または、ミュージカル映画に興味がある人なら、演出家・プロデューサーのハロルド・プリンスの名前を知っているだろう。
彼の名前は、ラーナー&ロウ、リチャード・ロジャース&オスカーハーマンスタイン二世、ジェローム・ロビンス、ボブ・フォッシー、アンドリュー・ロイド・ウェバーとならぶビッグネームであり、歴史上の人物である。
続きを読む
posted by スポンタ at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

就職活動に関連して…。

私の子育ても最終段階を迎えている。

というか、すでに終わっていて、共同作戦の段階である。




私の子育ての基本は、現在のリソースを勘案して、ベストの対策を練ること。さらに、その対策を実行に移して、フィードバックを得たら、すぐに修正する。

つまりは、生産管理の手法。

PDCAサイクル


一般的な父親の子育て。こどもに「親の理想」を押し付けるというのではない。
勿論、PDCAのPlanの部分では、「親の理想」を押し付けますが、それがDoやCheckによって変わっていくのです。

私の理想は、「人見知りをしない」・「場所見知りをしない」が、一番最初の理想。
…これは、2、3歳で実践。公園めぐり、外人の友達をつくりました。

次は、「(トモダチヲツクルタメ)英語ができて」「(ジブンヲイヤスタメ)音楽ができる」こと。
…これは、5、6歳で実践を始めて、「その効果が失われる小学校高学年(この時期に諦めてしまうと、20歳過ぎるとタダノヒトになってしまう)」の時まで継続しました。

続きを読む
posted by スポンタ at 07:40| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

パリの惨劇に思う。

13日の金曜日の惨劇に関連して、中東・イスラム情勢に関する解説がテレビでなされている。

曰く、フランスの旧統治地域がシリアであるとの分析があり、フランスとイギリスが強引に決めた国境線が、事件の遠因であると…。



私たちは、西欧の国家観で世界を観ているが、遊牧の民たちに、国境という問題意識は希薄だった。そのことは、デビィットリーン監督の名作「アラビアのロレンス」でも描かれている。

勿論、遊牧民は近代において定住化し…。

どちらにしても、西欧がおこした中東の矛盾が、西欧で暴発しているのだろう。



勿論、日本が西欧化しているなら、対岸の火事ではない。

さらに言えば、どちらか一方に「祈りをささげる」なら、その対立の構造の中に実を置くことになる。

自然災害の被災者に黙祷をささげるのとは、意味が異なる。
posted by スポンタ at 07:05| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

広瀬すずさんの心理。

フジテレビの料理対談番組の中で、「何故、録音マンをやるのかが分からない」と言い、ひんしゅくを買った。

かわいいとみんなからもてはやされ、勘違いした女の子の発言として、ウェブでは、「広瀬くず」なるニックネームもついている。

何故、そんな誤解・勘違いが生まれたのか。考えてみる。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

大谷選手の目的達成のためのマトリックス

ウェブで知ったのだが、大谷選手が目標達成のためのマトリックスをつくっていたのだという。

http://matome.naver.jp/odai/2142905934886611201

大目標は、ドラフトで一位指名で、その周囲に、それを達成するための要素を書き込む。そして、その要素を中心としたマトリックスを別途作成して、その周辺に、そのための要素(中目標)を書き込む。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:52| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

エリック・サティーの音楽。



NHKの番組でサティーの特集をしていて、菊池成孔氏が出演していた。
曰く、19世紀のロマン派の音楽は、情念が強すぎて辛い…。とか。

ふむ。そんな感じ方もあるか…。というか、そのような場合、古典派、新古典派を嗜好するものだが、屈折した彼は、そうではない。

菊池氏は、(言われ続けてきたことだが)「サティーの音楽は、環境音楽の先駆けである…」と。

ま、そこまでは私も知っていたのだが、環境音楽は、BGMなのだから、喧噪の中で聞くべき、と。
実際、酒場のピアニストだったサティーは、喧噪の中で、自身の作品を弾いた…。

環境音楽を、環境音楽として聴くのは間違いで、環境の中で聴くべきとは、気がつかなかった。
続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

自由に、好きなことをやれ。と遺言して父は逝く。

深夜というか、早朝というか微妙な時間に放送していたドキュメンタリ−。「五島のトラさん」を観る。

http://www.ktn.co.jp/program/program_2015_torasan/

番組の概要は、7人の子沢山の父親が、「地元で暮らすこと」、「家族で一緒に仕事をすること」をモットーに、子育てをするというもの。父親は、「子供たちが将来、困らないように」と、家業である乾麺製造の手伝いを強いる。

末っ子が2歳になった時に取材が始まり、彼が大学卒業後、教職についた年で終わる。
子育ての終盤、父親は糖尿病になり、闘病の辛さから、酒におぼれ、61歳で亡くなる。

番組は、父親の一周忌、遅れてやってきた末っ子を、叔父、兄、姉たちが叱るところで大団円となる。

続きを読む
posted by スポンタ at 06:44| 東京 🌁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

実存主義は、存在主義であった。

20代の頃、サルトルの嘔吐を読んだが、よく分からなかった。

先日、NHKでサルトルの哲学を紹介する番組をやっていたので観たが、サルトル曰く以下だという。

「実存は、本質に先立つ」。

サルトルの専門家が、伊集院光に説明しているのだが、それでも分かりにくい。

そして、実存主義とは、エグジスタンス。であり、本質は、エッセンスだと。
続きを読む
posted by スポンタ at 07:49| 東京 ☀| Comment(4) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

映画「マイ・インターン」とパリ・オペラ座。

2001年の「千と千尋の神隠し」以来、十数年ぶりに映画館で、映画を観た。
その理由は、娘が卒論で、「映画&ドラマの評価」をテーマにするので、ケーブルテレビで名作・旧作の映画&ドラマを多数観ていたのだが、「映画館での経験」が久しくないのなら、私の鑑賞能力も信頼度に欠けるのでは…。と、思ったからである。

などと、もっともらしいことを書いたが、要は、「自転車でいける街」に映画館が出来て、昨日は、「映画の日」で1100円だったから…。
続きを読む
posted by スポンタ at 07:29| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0