2015年07月31日

卒論…。

娘はまだ3年生なので、卒論の季節ではないが、先輩たちが、卒論のテーマを発表する会合に出席した。

今年の4年生はかなりの人数なので、先生の個別指導はできなかったらしい。と、娘は言う。
続きを読む
posted by スポンタ at 08:22| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

パーソナル形成論的な整合性…。

ドラマの評価につき、「パーソナル形成論的な整合性」が、作品の評価において極めて重要である。と、娘が言う。
続きを読む
posted by スポンタ at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

清宮幸太郎君のスウィングのダメさ。

日曜日の朝のテレビを観ていたら、張本勲氏が、早稲田実業の高校一年生の清宮君のバッティングについて、「自己流だから、専門家に直してもらうといい…」と語っていた。

数週間前だと思うが、スポーツ番組が、練習場の彼を取材していて、彼が「打球の回転」を気をつけながらバッティングしていることを紹介し、彼のレベルの高さを好印象としていたのを憶えている。
続きを読む
posted by スポンタ at 23:16| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

表象とは何か…。

午後の教室で、危険をも顧みず、男性友人に癒し的な行為をした女学生が窮地に立たされている。男性の立場からすれば、心優しい彼女を愛でるべきであって、批判すべきではない。と考える。

なんてことを思うのだが、彼女が所属する学部が「表象文化学部」である。
そこで、そのサイトを覗いてみると…。

続きを読む
posted by スポンタ at 10:13| 東京 ☔| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

同志社大学 TWITTERで検索…。(同志社フェラカモ事件)

私は「サイバージャーナリズム論」という共著本もあり、ウェブ・コミュニケーションを研究している。

*

詳細は書かないが、「同志社大学・TWITTER」で検索すれば理解できると思う。
続きを読む
posted by スポンタ at 06:48| 東京 ☁| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

東儀秀樹氏は間違っている…。

雅楽奏者として有名な彼が、子育てについて本を出していると言う。
本を読んでいないが、アマゾンのメニューには、「公園デビューはいらない(3歳までは大人の中で育てる)」とある。

そんなことをしたら、3歳で初めて公園に行った時の、こどもの衝撃は計り知れない。

人間は環境に育てられる。そんな単純なことを彼は理解しないのだろうか。私は、娘が2歳前(歩けるようになってから…)に公園に連れ出し、白人・黒人の子と一緒に遊ばせた。これにより、娘は、肌の色や眼の色の違う相手を怖がることはない。彼らとの関係は、20歳を過ぎてもつづいており、娘の宝だ。

一方、パリ生まれの甥が外人を怖がっていたのを見るに至り、甥がパリの公園に連れて行ってもらえなかったことを推理する。

*

彼のご子息はまだ8歳というなら、「子育ての結果は、まだ出ていない」。だから、本を書くのは早計である。
だいたい、「子育て」の効果が出てくるのは、中学生ぐらい。それが決定的になるのは、大学受験を終えて、こどもが「精神的に独り立ち」する頃かと思われる。


野村克也氏は、「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」と言っているが、人生、成功談に学ぶことは意外に少ない。というか、成功者の彼は、「運」と「実力」を切り分けて論じなければ、一般論にはならぬ。
続きを読む
posted by スポンタ at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

安保と、主体的…。

この道はどこへ行き着くのか。ヤジと怒号の渦。しかし与党側からも高揚感の見えぬまま、安全保障関連法案が15日、衆院特別委員会で可決された。「民主主義って何なんだ」。抗議の意思を示そうと、人波が国会前へ向かい、その輪は各地に広がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000060-asahi-pol

続きを読む
posted by スポンタ at 08:01| 東京 ☔| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

当代の学生のレベル…。

昨今は大学の授業でもグループワークがはやりで、座学ではなく、プロジェクトベースドラーニング。
エデュケーションは洗脳であり、アクティブ・ラーナー(主体的な学生)なければ…。

なんてことなんだが、要は、「教育に関しても、メディアリテラシー・ソーシャルリテラシーを持て」ということかと思う。

しかし、アクティブ・ラーナーになるための教育をしなければ、アクティブ・ラーナーは誕生しない。

比ゆ的に言えば、「脱洗脳も、もうひとつの洗脳である」ということか。

続きを読む
posted by スポンタ at 06:24| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

リヒテルを表象的に分析する。

娘と丹沢のグレースマーヤホールに行く道中、FM-NHKを聴いていたら、バッハのフランス組曲をやっていた。

私が「連弾ではないか?」と言うと、娘は「独奏…」と。
演奏が終わって、演奏者が紹介されるとリヒテルだった。

私が言うまでもないが、彼は「20世紀最大」のピアニスト。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%83%A3%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%86%E3%83%AB
続きを読む
posted by スポンタ at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

グレースマーヤホールのこけら落としに行く。

娘に関連して、娘のリアルコミュニティーに影響しかねないので、固有名詞で記事を書かないようにしている。
とはいえ、多くの人に知ってもらいたいので、あえて書く。
続きを読む
posted by スポンタ at 05:05| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

選挙権、18歳からでいいのか…。



問題は、義務教育と、選挙権がダブル可能性があること。

この問題は、教員の価値観が、未成年の投票者への過大な影響を無視できないから…。



少年法に関しても、私が思うのは、少年法は、少年が「未成熟」だからではなく、その年齢では、両親の価値観や、与えられた環境が、「少年本人の意思によって選択されたものではない」からであって、「生まれによって強制されているから」だと思われる。

先日、10代で頭角を現した若者達の番組があって、それに対する2ちゃんねるのコメントで、「この子たちではなく、この子を育てた親たちの価値観を知りたい」とあったが、私も同意である。

人格の形成。機会を得ること。など、本人の努力ではどうしようもないことが、あまりに多すぎる。

posted by スポンタ at 07:01| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

子育てと犬のしつけの因果。

夜道で、犬の散歩をしている近所の知り合いとすれ違った。

曰く、「咬みますから、近づかないで…」。
続きを読む
posted by スポンタ at 09:18| 東京 ☀| Comment(3) | リアルウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

人命救助…。



昨日は、娘の学園祭に行った。続きを読む
posted by スポンタ at 05:16| 東京 ☔| Comment(5) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

マウンティング・マーケッティング。

クレーム処理を上手くまとめるには、どうするか…。

従来は、「謝罪」が基本だったというが、最近は、「共感」なのだという。

しかし、私は、最近の言葉でいうところの「マウンティング」を使うのがよいと思われる。

続きを読む
posted by スポンタ at 06:59| 東京 ☁| Comment(0) | リアルウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

なぜ、日本のドラマが面白くないか…。

理由は簡単である。シナリオ学校で教える「説明セリフはダメ」「説明シーンはダメ」「設定は最小限」「ドラマを逃げない」という”シナリオの評価基準”を知らない、一般大学出身者がドラマ制作の実験を握っているからである。

※ 超目標、アンタゴニストは教えられていないのではないか。

もうひとつは、シナリオライターたちも、シナリオ教室で教えている「基本的なこと」を満たしていない作品を、「他人の凌ぎに口をはさまない」とでもいうように、批判しないからである。

続きを読む
posted by スポンタ at 13:52| 東京 ☔| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

比較芸術論。ポロック、オーネット・コールマン。

若い人たちは、相対的に、大系的に学ぶ機会が減っていると思う。

娘の友人がニューヨークに旅行して、メトロポリタン美術館で、ジャクソン・ポロックの作品に感動したという。

私は、その言葉を聞いて不可思議に思う。

何故、アクションペインティングが生まれたか、現代美術の流れを解説しないと、ポロックを理解できないのに…。

続きを読む
posted by スポンタ at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0