2018年04月20日

新語作成、「生成承認欲求」。

貴乃花親方は「生まれ変わっても、相撲をやりますか?」の問い、「家業をやります」と答えている。



オリンピック選手の活躍を見ていると、幼少期に選手生活を始めることが条件と思えてくる。

北海道北見市常呂町のカーリング娘の藤沢五月選手は5歳で選手生活を始めている。(父は、長野五輪出場を目指していた)

卓球女子のイトウミマさんや、ヒラノミユさん、イシカワカスミさん、勿論、フクハラアイさんも、親が卓球選手であり、物心がつくかつかないかの頃から、家族そろって卓球に取り組んでいる。

チョレイの張本選手も両親も、中国の卓球選手である。



先日、メジャーリーグに挑戦している大谷選手の特集を見たが、スタジオにはバトミントンの元日本ナンバーワンで現在はニュース番組のキャスターをやっている陣内貴美子嬢が、合宿で大谷選手のお母さんと一緒だったことがあると明かしていた。
キャスターの出身地は九州。大谷選手の母は神奈川。大谷選手のお母さんは「全国決勝レベル」のバトミントンの選手だった。父は、社会人野球・三菱重工横浜の選手。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

卒意−−−。藤井少年棋士の初手は「お茶」。

先日、師匠との初めての公式戦があり、少年は当然のごとく勝利した。

勝負の後、「わざと負けた」と思われぬために、言葉を選んでいたが、師匠の本音は「弟子の出世」の妨げになってはならぬ。続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

若林史江様: 「英語耳」よりも大切なこと。


若林さんの「子育て」に関する悩み方が、かつての自分と似ているので、アドバイスしたくなった。




娘は社会人2年生になり、「子育て」の私なりの結論が出ている。


現在の「子育て」に関する情報は「人間は考える葦である」という「思索」中心主義がほとんど。無闇に従うと理不尽な思いをする。


私が最初に疑問に思ったのは、


・怒るな。叱れ。


これを信じている人が多いが、間違い。


・親は教師ではなく、子の「承認者」。


したがって、「叱る」のは喜怒哀楽がなく、人間味がない。親は、愛情を持って、子に、自分の喜怒哀楽を見せるのが望ましい。


ロッテンマイヤーさんに、なってはならぬ。




ブロガーのsponta中村です。


こんな記事をブログに挙げました。
続きを読む
posted by sponta at 16:21| 東京 ☔| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「刷り込み理論」と「承認欲求」。

鳥は、初めて見た「動くもの」を「親」と認識する。
たとえボールであっても・・・。

というのは、動物行動学の学者・コンラート・ローレンツの実験であり、私も、実験の映像を見たことがある。続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

我が家には、「おふくろの味」はない。


娘は友人に「我が家には、おふくろの味はない」と断言する。

娘の(妻が作った)お弁当や、差し入れを食べたことのある友人は納得する。
「卵焼き」ひとつ。「野菜炒め」ひとつも、まったく異なる。

たとえるなら、「料亭の味」である。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

浅草「天ぷらのうまい店・まさる」。または、プロは「味見しない」。

結婚する前。20年以上前の話。

フジテレビの番組の取材で行ったが、没になった。
急遽現場に現れたのは、当時無名の女芸人・磯野きり子嬢だったのを覚えている。笑いの要素がまったくない現場だったので、店の前で「こけて」みせたのを覚えている。

没になったのが申し訳なかったので、仕事とは別に、結婚前の妻を伴った店を訪れた。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

「きらくら(気楽にクラシック)」で名前を読まれる。

NHK-FMの音楽番組にメールを投稿したら、番組の最後に名前を読み上げられた。
深夜放送を聴いていた高校生以来のことでビックリしたが、正直うれしかった。



投稿内容は、オープニングに使われている「子犬のワルツ」の冒頭がタイムを乱しているという指摘。ネガティブな表現なので、番組内で読まれることを望んでの投稿ではない。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

ハリルホジッチ監督の解任の理由。

ワールドカップ開幕まで2ヶ月ちょっと。拙速の感は否めないが、サッカー協会の英断・快挙だと思う。

つか、代表合宿から、現地での帯同でのコミュニケーションを考えると選択の余地はなかったのかもしれない。

一般のアンケートで、「英断」との評価が愚策を大きく上回ったのは、いかに異常事態だったか。続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(3) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

フジテレビ改編の不明。

今回の大改編。10年以上続いた人気番組(「みなさんのおかげでした」「めちゃめちゃいけてる」「うちくる」・・・)が終了するなど、理解できない。



私は「主観批評(私はこう思う)」に価値はない(無名人には、世の中を動かせない)と思っていて、「形式批評(評価基準を明示して、評価する)」をすべきと思っている。

さらに、「知識(知識量を誇る)ではなく真如(端的に表現する)」と思っているので、次のようにテキストを紡ぐ。






「うちくる」の後番組は(最近珍しくもない)バス旅行だし、月9は〈設定〉ばかりのドラマ。すぐに嫌になり、見続けるのを諦めた。

感動的なシーンが待っているとしても、「見続ける」ことができないなら、「失敗作」である。続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

若林史江さんのヰタ・セクスアリス(性的出自)。(猥談)

MXテレビの「5時に夢中」を時間がある時は観ているが、スポーツ新聞のSMの話題から、レギュラーの若林嬢は、(男性から)「SやMを強要されたくない」。(相手の力を借りずとも)自力で「どのような心理」にもなれると豪語。


さらに、レギュラーの若林嬢は、かつての自分は「童貞好みで、自分の好みに調教したかった」と明らかにし、隣席のマツコデラックス嬢を苦笑させる。

投資コンサルタントを本業とする女性タレントである彼女が「露悪的な性的告白」をするのは、如何なる出自なのか。・・・きわめて興味深い。

芸能スキャンダルを無縁なタモリ氏は、「妄想力で補っている」というが、若林嬢の発言は、「性行為の最大のスパイスは、妄想力」ということだろう。続きを読む
posted by sponta at 08:33| 東京 ☁| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0