2018年07月20日

被災地は復興しても、被災民は復興しない。



政府・自治体は、水道・電気・ガスなどのインフラを復活させ、道路が元通りし、公共施設も改修される。

「がんばろう。○○」などとスローガンがあるが、それは、「個人の苦しみ・悲しみ」を「表に出すな」ということ。

「がんばったら、成功する」。それほど、人生は甘くない。


生活資材・事業資材を失った一般人に、「復活の道」があるのだろうか。

資産がないから、「借金もできぬ」。せいぜいが「次の世代」にマイナス資産を残さないことぐらいか・・・。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

松本死刑犯は、受肉or憑依?


※ 松本某は、すでに執行されているので「囚人ではない」。ということで、「犯人には違いがない」ので、死刑犯と表現する。

久しぶりの「神秘」に関する話題だったので、ソウルメイトにメールした。
すると、

「松本死刑犯は、憑依ではなく、受肉なんですね」
と。

ふむ。納得、納得。
キリスト教やシュタイナーに詳しいソウルメイト。予想もしない返答が帰ってきた。これだから、「人との交流はおもしろい」。


イエス・キリストの魂は、「受肉」されて、この世の人となった。
一方、何かの魂に「憑依」されて、行動を操られる人もいる。三島由紀夫の自決は、「憑依」の結果ではないか・・・。と、美輪明宏は述回している。


メールをCCしていたかみさんは、
「ちょっと違うと思う」。

・・・と。

ふむ。

そか。と、私。

続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

高須先生。「豊乳手術」に「新たなる評価基準」を設定すべき。


「おっぱいがそこそこあるんだけど、寝ると、なくなっちゃうのよね」。
青春の一時期、どこかで聴いた記憶がある。


当時の彼女は、グラビアで観た写真で「理想的なおっぱい」は「寝ても、左右に流れない」と誤解していた。だが、それらは、擬乳(豊胸手術の結果)。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

日本音楽コンクール・ピアノ部門の審査基準は〈タイム感〉。



日本音楽コンクール・ピアノ部門のドキュメンタリーを観た。

本選に残った4人は、大学生、卒業生など・・・。しかし、優勝したのは、高校生。

審査委員は、審査基準を「テンポ感」「リズム感」とカメラに向かって告白する。

そして、本選の演奏の抜粋、それに向けての準備の日々の映像を観る。
続きを読む
posted by sponta at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はぁちゅうとしみけんが事実婚!

「はぁちゅうの悪だくみ」の元Dentsu社員のはぁちゅうさんと、食糞を公言しているAV男優のしみけんが「事実婚」だと。

ふむ・・・・。

いろいろと面白いのだが。

どうなることか。

ジャニーズタレントのMJさんは、AV女優との交際が明らかになって、飲尿しているのでは・・・。と、噂が立ったが、はぁちゅうさんはどうなんだろか。


posted by sponta at 11:27| 東京 ☀| Comment(0) | ネットウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

君は、「巨乳女性の胸の揺れ」を見たか?



グルーヴについて考えている。

娘が「ステージ体罰で話題になった日野皓正」氏のワークショップで、ジャズを学んでいる時のこと。

三宿の練習場まで、車で送っていくのが、私の日課だった。
たぶん、世田谷通りから、246に入った頃。巨乳の女性が歩道を闊歩するのが見えた。私は娘に言う。


足は、4ビート。

おっぱいは8ビート。


ジャズを意識しての発言である。
だが、あれから10年ほど経って、もう少し、「詳しく・正確に」記述したくなった。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

西野監督の最大の功績は、「ハリルホジッチの再評価論」を根絶したことである。



ベルギーが、優勝候補・ブラジルを破った。

spontaは、ベルギーを中心に考えると、「ディフェンス」では、日本はブラジルよりも勝っていると感じた。

「攻めないと勝てない」のが、西野サッカーだし、所詮、「祭りが終わった後」の「負け犬の遠吠え」である。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

修文、正化、平成の中で、平成が選ばれた。


のだと、最近知った。

誰がリストアップしたのか、誰が決定するのかは知らぬが、橋本首相が「頷いた」ので、閣僚が了承したのだという。


四柱推命で財を成した女史が、晩年の学者に取り入ったのは有名だが、今回も、その学者が「準備していた」ものなのだろうか・・・。

「修文」は、醜聞と同音だから、違和感がある。

「正化」も、化けるのは、どうかと思う。

結果論でしかないが、3つを比べると、「平成」が妥当なような気もする。


はてさて、今回はどうなりますことやら・・・。
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

マクルーハン「メディアはメッセージ」。



日本の言論空間は、「マスコミ + SNS」という構図が出来あがっている。

カナダの思想家・マーシャル・マクルーハンは、テレビが登場した時、「メディアはメッセージだ」と発言した。

日本の竹村健一は、「メディアにはメッセージ性があるから、価値がある」と曲解し、テレビマンたちに喜ばれた。当時、テレビは、電気紙芝居と揶揄されていた。結果、竹村氏は、テレビに重用された・・・。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

信長公記は嘘ばかり・・・。



歴史学とは文献学である。

つまり、「書かれていること」を「真実としてみなす」という、態度である。

文化人類学的にいうと、「書く」という行為は、「現実で実現していない」から、「書かれる」。
ならば、「書かれていること」は、基本的に嘘であり、せいぜいが粉飾である。

そもそも、「現実で、多くの人が、そのように信じている」なら、「書く必要はない」。口伝でよい。
続きを読む
posted by sponta at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0