2017年10月02日

SFCの理想に巣食う、三田・日吉をあぶれた人たち。

SFCは、既存のアカデミズム(三田・日吉)否定するところから企画された。

だが、学内の反発をおそれて、それが公に発表されることはなかった。そこで、三田・日吉でアカデミーポストを得られなかった教員志望者たちが、大量に流入してくる。

理想はポストモダンだが、近代主観主義を恥じないアカデミストたちが、SFCの講師陣の多数派を占めることになった。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

SFCのふたつの学部(総合政策・環境情報)。

村井純学部長は、「文系っぽい理系が環境情報学部、理系っぽい文系が総合政策学部」と分かったような分からないような文言を学校案内のパンフレットに書く。

しかし、私が考え抜いたふたつの学部のコンセプトは以下である。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

SFCは、ポストモダンのアカデミズムにより設計された。

私は、希望に燃えているテリーさんに水を指すつもりはまったくない。
というか、学問の現状とテリーさんの研究の折り合いを早い段階でつけるべきという意味で、SFCについて以下に概説する。

とはいえ、SFCについて「私の考え」をまとめたものである。したがって、「推測の域を出ない」。だが、5年ほど真剣に考えた考察であり、参考にしていただければ嬉しい。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタと娘…。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

テリー伊藤氏、SFCの大学院に入学する。

テリー伊藤氏が、湘南藤沢のキャンパスに通うことにウキウキしている。
心理学を学ぶとのことだが、一口に心理学といってもかなり広い。

フロイト、ユング、アドラー。

そして、認知心理学、発達心理学、教育心理学・・・。



本人は、蛭子さん、所さん、高田純次さんのような脱力した人生を過ごすには・・・。
2020年の東京オリンピック後の「喪失感(ロス)」について準備したい・・・。

そんなテーマがあるのだとか。



私のウェブ活動は、実生活に影響しないようなことを書いてきた。
したがって、私は面識のある人について書かないし、仕事のことも書かない。

唯一の例外は、2009年、日野皓正氏の娘が薬物関係で逮捕され、娘が参加していたジャズワークショップの存続が危ぶまれた時である。

ただし、時が経過すれば・・・・。

先日の日野氏のステージ上の体罰に関しては、娘がOB/OGとしての活動もしなくなっているので、実生活に影響はないとして記事を書いた。


今回、SFCについて書くのは、娘がこの春に「卒業」したから。

OB/OGであることに代わりはないが、世の中の誤解を解くため、SFCへの理解を促すため、

そして、SFCのイノベーションを促すためである。


posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

遺言書は、基本的に無効である。

というのを、マスコミが言わないのは、何故だろうか。

書式を整えて完璧な遺言書を作ったとしても、相続人たちが裁判所に訴えれば、法定相続分で折り合いがつくだけ。

法的手続きの都合ではなく、生理学的な事情で遺言書を書いた本人が文句を言うことができないのだから、仕方がない。


※ 遺留分減殺請求

http://souzoku-info.blush.jp/iryuubun1.html



少し前に、倉本聰の老人ホームドラマ「やすらぎの郷」でも、遺言書の書き方を老人たちで教えあうシーンがあった・・・。

ドラマでは、車が停止する時、鳴るはずのない音がつけられていたりする。これも同様か。



アメリカでは遺言書によって、犬・猫でも相続できるのかもしれないが、日本ではそうではない。

・・・なんとも不可解である。
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

民主主義。〈合意〉に対する疑問。

先日、「朝まで生テレビ」で、吉本芸人・ウーマンラッシュアワー氏が「対話の重要性」を説いていたので、「感心した」と記事にした。

だが、多数決に何の意味があるのだろうか。


多数決は、「洗脳した人の数」を競うだけのこと。続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | スポンタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

古代の宇宙人。

ヒストリーチャンネルの「古代の宇宙人」を観ている。
最近、見始めたのだが、すでに90数話。かなりの分量だが、内容は一貫しているので、途中から見ているという欠落感はあまりない。

一貫した内容を以下に記す。続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ブラタモリ・高野山に思う。

ブラタモリが高野山に行っている。

密教というのが、分かりにくいだろうから、私なりに要約する。


・顕教: テキストで解説された超越的世界。

・密教: 非テキストで解説された超越的世界。そのため空海はさまざまな「仏具」を日本までもってきた。

・禅: テキスト&非テキストではなく、身体経験によって実感する超越的世界。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | メディアウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

イーブン、シャッフル、レイドバック…。

ぱんだウインドオーケストラの皆さんへ。

スティッキーな執念ではなく、ホスピタリティーとやさしさで、この記事を書いていることを理解してほしい。

つーことで、より深い理解のために、このビデオを観てほしい。



ジャズギタリストの宇田大志 さんがアップしたYouTubeである。続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 芸術論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

ぱんだウィンドオーケストラのみなさんへ。

9月10日放送の「題名のない音楽会」のオンエアを観ました。

すばらしい演奏だったと思います。
しかし、それは、吹奏楽コンクールの全国優勝団体的な素晴らしさ。
私は30年以上前に高校生。関東大会ダメ金でしたが、あの頃のことを思い出しました。

プロとスクールバンドの違いはなにか。それは〈タイム感〉。

続きを読む
posted by スポンタ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
RDF Site Summary
RSS 2.0